日々の出来事を綴っていきます。毎日些細なことでもすばらしいと感じとれる気持ちでいたいです。


by nadeshiko-mayumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

6月の週末に・・・

さかのぼって・・・の日記になります。
パリで知り合いになったおさむさん&kumicoさん夫婦の友人のMaikkoさん&Tiélyさんのお家に遊びに行ってきました。 パリ郊外の静かな町です。
a0072172_15103985.jpg

Maikkoさん&Tiélyさんの結婚式と同じ10月13日に偶然にも私たちも結婚式を執り行うことになり不思議な繋がりを感じています。

本当にすばらしいもてなしを受けて感激でした。
こちらで食前酒・食後酒の楽しみを覚えて我が家でも現在楽しんでいます。
a0072172_15241570.jpg

Maikkoさんの料理の腕前はプロ級です!!
前菜にサーモンのテリーヌ。ホワイトアスパラはリクエストに応じて用意してくれました。
a0072172_15144356.jpg

メインは牛肉のモリーユ煮込み。高価なきのこのモリーユの風味がリッチでした。
a0072172_15162671.jpg

デザートは二層になったチーズケーキ。凍らせてあるラズベリーを飾ってくれました。
a0072172_15174428.jpg

ケーキカットのときにおどけるTiélyさん。
a0072172_15181791.jpg

訪れた週末は偶然にもお祭りでした。夜は花火が打ち上げられにぎやかでした。
a0072172_15195752.jpg

食事の後も食後酒・Maikkoさんお手製のリキュールもいっぱい味わいました。
a0072172_1524521.jpg

a0072172_1525187.jpg


翌朝には通りにたくさんのブロカンテが!
a0072172_15273670.jpg

a0072172_15275966.jpg

a0072172_15392538.jpg

ブロカンテは大好きなので思わず見入ってしまいました。
子供服のディスプレイもとってもかわいかったです。
a0072172_1543331.jpg

旅のお土産にタストヴァンを購入しました。
a0072172_15565046.jpg

お酒のおつまみをのせる小皿として使おうと考えています。
a0072172_15455640.jpg

とても楽しい時間を過ごすことができました。
Maiさん&Tiélyさんに感謝!
今年の年末に京都に来られるとのことなので再会が楽しみです。フランス語忘れてしまっているので(もともとあまりできませんが)、また勉強しなくちゃです。
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-11-10 15:47 | Paris

モンブラン・・・No4

歯の調子は全快ではありませんが(まだ頬にしこりがのこって縫い目付近にも違和感あり・・・)、食い意地だけは戻ってきました(笑)
ということで引き続きモンブラン探求へ!

今回は京都大丸に入っているGott(ohttp://www.plaisir-co.com/)のモンブランを購入しました。
愛媛産和栗のペーストのモンブランです。
a0072172_23402254.jpg

ここのペーストは、和栗ならでは主張もあり品があっておいしかったです。
一緒についている栗がマロングラッセのようで、心までトロトロ~。
本当の本当においしかったです!

旦那さんはこのモンブランに合格点を出していました。
ちなみにこのマロングラッセのような栗単品でも充分商品になるね~とお互い話していました。

630円といいお値段ではありますが、お値段なりの内容だと思いました。
ぜひよろしければお試し下さい!
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-11-05 23:42

心温まるひととき

今日(11月3日)は旦那さんの長年の親しい友人との結婚祝いの食事会でした。
なんとメンバーは旦那さん以外は皆女性!
会社員時代に同僚や同僚の知人など、元々は芸術を愛するメンバーが互いに知識を深める目的でイタリアンレストラン・ディボディバで食事会を行ったのがきっかけのようですが、いつしか美食家の集いのようになったとか。
旦那さんもこの集いがきっかけでイタリア料理やイタリアワインに傾倒していったというのですから、不思議なものです。
今では会社員を辞めて、自分でイタリアワインバーを開くことに至ったわけですから。

その当時の素敵なメンバーが結婚祝いをしてくださるとのことで、久々にメンバーが集まることになり、そこに私も交えてもらえるのはとてもうれしかったです。

当日の午前中まで頬のふくらみは相変わらずぷっくりで物も食べる自身がなかった為、逆に気を使わせてしまうのでは・・・と考えたりしていましたが、こんな機会もめったにあるものではないし、ましてや皆さんにお会いしたいという気持ちが募って参加させてもらうことにしました。

結果的に参加して本当によかったです!本当に感動しました。

驚いたことに!シェフの特別メニューでした。
しかも古代ローマの宮廷料理を再現してくださいました。
a0072172_3335338.jpg

メニューに自分たちの名前とシェフの直筆サイン入りです!
シェフ直々にメニューの説明もあり、楽しみながら食事をすることができました。
a0072172_335824.jpg

ローマ時代の古酒。香り付けにバラの花びらが散らされていて素敵です。
a0072172_336269.jpg

前菜の盛り合わせ。
a0072172_3364766.jpg

牡蠣のパスタ。大きな牡蠣がたっぷり。
a0072172_3373056.jpg

メインの一皿。
a0072172_3382365.jpg

デザートもこのように特別に用意してくださり
a0072172_3385754.jpg

私たちのプレートはチョコレートでお皿の淵がコーティングされていて
a0072172_3391521.jpg

a0072172_3393386.jpg

はがして互いに食べさせあうような計らいをしてくれたり・・・演出まで考えて下さり、本当に驚きました。

お料理もワインもとってもおいしかったです。
口があまり開けられず、しかも噛むのも困難な状態でしたが、本来の食いしん坊がむくむくと発揮され、細かく切って全ておいしくいただけました。旦那さんも隣で驚いていました。

更に最後のサプライズに完全にノックアウトでした・・・・
それは以前から結婚祝いの品をリクエストしてよいとのことだったので自分たちで下見して指定したお重箱をお願いしていました。
なんと、こちらディボディバさんのお料理が詰め合わせになったかたちでのプレゼント!!2500年前の焼き菓子を再現したものも入っていてとても凝っています。

本来はこのような無理難題は受け入れてもらえるものではないのですが、シェフとこのメンバーだからこそ特別に実現できたもの。
メンバーとシェフとの繋がりの強さを感じました。
メンバーの皆さんは本当に素敵な方たちです。これを機にお知り合いになれて本当にうれしいです。
a0072172_1654854.jpg

a0072172_3403245.jpg

シェフは京都イタリア料理界のドンと言われつつも本当に心の温かい方です。お客さんが帰られてからシェフも交えてお話をすることができました。京都イタリア料理研究会の会長としてボランティアにも積極的に活動されています。
本当にすばらしい時間が過ごせたことを感謝します。
私が今日こうやって受け取ったものは、また次に渡していきたいと思います。
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-11-04 03:41

明日までに・・・

今日は休むわけに行かないとまだ顔がはれているけれど取りあえず出社。でも会社の人にそんな顔では・・と逆に驚かれて大事をとって休むように勧められ、帰ることに。

その足で歯医者さんへ傷口を見せに行き、すぐ近くの東本願寺へ。
韓国の団体の旅行客に紛れて一緒に鑑賞しました。

最近、旦那さんにおかゆを作ってもらったりと至れり尽くせりの状態だったので何かお返しを・・・と思い、二人が気に入っているパン屋さんでパンを買って帰りました。

「BREAD☆ROOM」http://www.leafkyoto.net/newopen/0307/shop03.html
TEL.075・212・5036
京都市中京区二条通麩屋町東入ル・9:00~19:00
水曜、第1木曜休・P無
a0072172_16165862.jpg

ここはハード系も甘い系もどちらもおいしいです。
今の私はハード系は食べられないけれど、マフィンやニンジンケーキは絶品なので一緒に食べよう思いました。
a0072172_16171372.jpg

a0072172_1617415.jpg

明日は旦那さんのお友達大勢と食事会。
ほっぺのはれは未だおさまらず。

旦那さんからは別人みたい、と。

せっかくの機会なので少しでも顔のはれがおさまりますように・・・
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-11-02 16:19

ほっぺがぷっくり

おとといから親知らずのある辺りがうずきだし、昨日会社をお休みして歯医者に・・。
いつも通っている歯医者さんはとても人気のところで予約いっぱいでしたが状況を伝えたら、一旦見てくれて口腔外科に行く為の紹介状を書いてくださいました。

その足で口腔外科に・・・
かれこれ7~8年前に親知らずを抜いてから怖くて行っていなかったんです。今回炎症しているところと残るもう一本の合計2本を抜きました。

なかなかきっかけがないと自分の意思で動けなかったのでよかったと思います。

けれど昨日は本当に大変でした。寒気はするし喉がはれて食べられず・・・

今日も昨日より顔がはれてほとんどしゃべることができないのでお休みをいただきました。
a0072172_14534697.jpg

写真は旦那さんが作ってくれたりんご煮。
紅玉とさつまいもとはちみつで、噛まなくても食べれるようにしてくました。今回はスパイスなどの刺激物は抜きです。
a0072172_14541480.jpg

自然の甘みとやさしさが身にしみます。

感謝。感謝・・・
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-11-01 14:54

モンブラン・・・No3

今日はマールブランシュ(http://www.malebranche.co.jp/)の「モンブランジャポン」を購入しました。
a0072172_22552382.jpg

和栗のモンブランとのことです。
味はクリームたっぷりの濃厚な味で栗の風味はやさしく感じられます。
ハノンちゃんから頂いた和みティーセットで食後のティータイムを楽しみました。親指部分がフィットしてとても持ちやすいです。やさしい色にも和みます。
a0072172_2255457.jpg

でもやっぱり甘いお酒も頂きたくなります。
a0072172_2256576.jpg

これは最近購入したゴディバのリキュール。
他のものとあわせなくても私は単独で充分です。濃厚なチョコレートの味わいが感じられて幸せになります。
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-10-30 23:01

引越し先、決まり!

昨日、日曜日に旦那さんと一緒に特優賃(所得に応じて国や自治体から補助がある賃貸マンション)のマンションを見に行ってきました。市内の物件はあっという間になくなるそうです。
当初は二条城付近を考えていましたが、結果的に旦那さんの仕事先から近いところ、利便性を考えて五条に決めました。
最寄り駅は地下鉄五条です。
今より部屋数も増えてリビングも広くてゆったりしています。
二人して今から部屋に物を置く配置などあれやこれや考えをめぐらせていて引越しが待ち遠しいです。
a0072172_22535482.jpg

部屋を決めてから鴨川沿いをお散歩。
この日は晴れてポカポカしていて気持ちよかったです。
お昼に高島屋デパ地下でおいなりさんとお弁当と菊の井(http://www.kikunoi.jp/hanbai.htm)のひろうすを購入しました。
a0072172_22542445.jpg

何と!菊の井の売り場に社長の村田さんがご夫婦でいらっしゃいました。私は初めて拝見するので誰だかわからず、旦那さんが驚いている横で「知り合い?」ととぼけたことを聞いてしまいました。
a0072172_22545985.jpg

デザートにはモンブランを購入。
マイミクのシマちゃんが教えてくれた「五感」で購入。
熊本和栗のモンブランです。風味があって美味しかったです!
一緒に購入した純米ロール。こちらもスポンジやクリームがやさしいフワフワ・・・
a0072172_225836.jpg

ピクニックも楽しいです。
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-10-29 22:59

狩野永徳&モンゴル餃子

昨日は仕事帰りに旦那さんと待ち合わせして京都国立博物館で開催中の「狩野永徳展」に行ってきました。
a0072172_13454037.jpg

金曜は8時まで開館しています。平日なのですがなかなか込み合っていました。
人が帰りだす閉館間際に入り口まで戻って、もう一度「国宝 花鳥図襖 狩野永徳筆 聚光院蔵http://www.kyohaku.go.jp/jp/index_top.html」を鑑賞。
a0072172_1346131.jpg

人気がなくこの襖絵をゆったりと鑑賞できてよかったです。
全体を見渡すことができるので梅の木の大胆な構図、枝振りの見事さを改めて感じることができました。
屏風絵の描かれている世界に入り込んだような錯覚すら感じました。
贅沢な午後のひと時でした。

その後はマイミクのじょえいさんが運営しているモンゴル餃子店(http://mixi.jp/view_community.pl?id=2016251京阪七条四番出口を出て、左の階段を下りたところにある水餃子屋)に行ってきました。
入り口まで雑然としていて入るまでドキドキしてしまいましたが、中では愛嬌のいいモンゴル人のお兄さんがお出迎え。
ピータン豆腐、水餃子や焼き餃子をビールと一緒にいただきました。ピータン豆腐おいしい!上にのっているピータンが絶妙な塩気です。
a0072172_13462438.jpg

さすがモンゴル餃子というだけあり、一味違います。皮は厚みがありしっかり、中の具もおいしい!焼き餃子は噛むと肉汁が出てきました。

価格がお安いので気軽に行けるお店だと思います。
個人的には人の行き来する場所でお値段も安いし屋台(風)だったらもっと流行りそう、なんて思ったり・・・
モンゴル餃子、応援したいです。
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-10-27 13:47

mon kamon

今日はマイミクの王子議員さんの日記に反応して、私も思わず試してみました。
これがなかなか面白いです。→http://www.ayataka.jp/#fun-kamon
〔結婚後の私〕
a0072172_235152.jpg

【ハイビスカス】 ハイビスカス紋のあなた。南国に咲く花のようにいつも明るくおおらかで周囲の人々にゆとりと癒しを提供する才能を持っています。争い事を好まず、平和を愛する素晴らしい性格です。小さな事を思い悩まず、明るく前向きに進めば、素敵な人生が歩めるはず。これからもその笑顔を忘れずに・・・。

〔旧姓の私〕
a0072172_2352591.jpg

【竜巻】 竜巻紋のあなたには素晴らしい瞬発力と勢いを兼ね備えた人物です。周囲の人々を巻き込みながら自らも大きく成長してゆくことでしょう。自分ひとりだけで生きているわけではない、周囲の協力あっての自分。という気持ちを忘れないようにしてください。きっと充実した、幸せな人生を送ることが出来るでしょう。

〔旦那さん〕
a0072172_2355034.jpg

【栗】 栗紋のあなたは一見硬そうだが、その中身は物事を冷静に判断できる策略家。好機を冷静に判断し、一気に動き出す、まるで戦国武将のような性格の持ち主。しかし勝ちに拘りすぎる傾向があるようです。お茶でも飲んで肩の力を抜いてみるのも成功の秘訣です。

結婚してから彼と同じ色の家紋に変わったのには偶然とはいえ何となくうれしく感じました。
この家紋、それぞれ個性的で面白い・・・
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-10-25 23:10

今晩はお留守番

今晩は彼がワインのセミナーを開催する為に神戸に外出していてお留守番です。
ということで・・・
晩御飯にお弁当を買ってみました。手抜きです~(いつもですが・・・)
a0072172_21321342.jpg

会社帰りに大丸のデパ地下で気になる和食のお惣菜売り場。
六盛(http://www.rokusei.co.jp/index.html)の「手まり弁当」を購入。(前日から彼にも宣言しておきました笑)
a0072172_21314536.jpg

最近食欲が増している為か、正直物足りなくて・・・

結婚パーティーでもお配りした緑寿庵清水の金平糖(http://www.konpeito.co.jp/)をお茶のお供に一緒にぽりぽりと・・・
a0072172_21323719.jpg

何故か止まりません(笑)

今晩はゆっくりとお風呂で寛ぎ読書しまーす。
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-10-23 21:33

味噌カレー

今晩は料理教室MOGUMOGUで頂いた残りのカレーが夕飯でした。
ひよこ豆入りのココナッツカレーです。
スパイシーだけど辛味はほとんどありません。
a0072172_22452082.jpg

今晩はこのカレーに彼が考案し味噌を少し入れていただきました。
言われなければ味噌が入っているとは恐らくわからないと思います。
こくが出ておいしかったですよ。
a0072172_22453830.jpg

ちなみにこのお味噌は先日取り寄せたばかりのもの。
6年味噌で色が赤みを帯びた黒褐色。
お味はうまく表現できませんが、濃厚でパワーがあります。
身体に良いとの事ですので、味噌は我が家では調味料としてもよく登場します。

*******************************
天然熟成 六年味噌

「あなたと健康社」
〒157-0066 東京都世田谷区成城2-35-13 成城ダイヤハイツ2F
電話 03-3417-5051
*******************************
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-10-22 22:46

我が家のお楽しみ

10月21日(日)
今晩は彼のアイデアで牡蠣スパゲティに決まり!
具はキャベツ、ジャガイモ、ピーマンをオリーブオイルでしっとりするまで蒸し焼きに。そこへ最後に蠣を投入。
食べるときに、すだちを牡蠣の上に絞ると本当においしい!
a0072172_22151140.jpg

レンコンは厚めに切って、ただ焼くのみ。
しいたけも焼いてお塩を軽くふってオリーブオイルをかけるだけ。
a0072172_22154051.jpg

シンプルないただき方がこんなにも美味しいとは・・・

我が家では最近、食後のお楽しみが・・・
それは食後酒です。

実はパリで知り合った知人宅(偶然私たちと同じ日の10月13日にご結婚!旦那さんがフランス人)にお泊りに行った時に、フランス人の旦那さんがいーーっぱい食後酒を持っていらしてご馳走になったのが、我が家での食後酒の始まりです。

私はどれも好きですが、今のお気に入りはドランブイです。
スコットランドのものでウイスキー中心にハーブや蜂蜜がミックスされていて、洗練された甘みを感じます。香りもいいです。
a0072172_2216833.jpg

彼はお店に置くことも考えているので徐々に数も増えてきて、毎晩の楽しみです。
このお供にピスタチオが一番!
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-10-21 22:16

初・MOGUMOGU

10月20日(土)
今日は彼と一緒に彼が以前通っていた料理教室に行ってきました。
なちゅらるクッキングくらぶ MOGUMOGUです。
マクロビオテックを意識しつつやんわり緩やかに取り入れていきましょうというアットホームで先生がすごーく元気があって楽しい教室でした。
今日は生徒さんからの提案で「カレー」でした。
a0072172_11133418.jpg

カレーはひよこ豆のココナッツ風味カレーと秋野菜たっぷりのカレー。
いずれもおいしかったです。
玄米ご飯とごま入りプーリーもカレーとの相性ばっちりでした。
a0072172_11142754.jpg

終わりごろには出張パン屋さんも!
天然酵母・国産小麦だそうです。全種類を購入しちゃいました。
a0072172_11135580.jpg

彼は5年程通っていたようで、当時会社の先輩のT島さん(結婚式にも出席下さいました・未婚男性)も誘って通っていたようでしたが、何とそのT島さんも来られていました。
彼が行かなくなった後(約2年)も続けて通われているようです。
私は何故こんな素敵な男性がフリーで独身なのかすごいナゾだわ~と彼につぶやいています。
帰りにコスモス畑を見つけて、おもわず撮影タイム。
a0072172_11165490.jpg

思わずはしゃいでしまいました。
a0072172_1115138.jpg

[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-10-21 11:17
10月13日(土)
無事に結婚式が終わりました。遠方からはるばる来てくれた知人や関係者の方々そして両親に感謝・・・
母校の教会で厳かな雰囲気で式を挙げることができました。

a0072172_1101959.jpg

当日は父の知り合いのカメラマンがパーティーまで終日付きっ切りで撮影してくれました。
カメラマンの写真はまだ手元に入っていませんが、彼の知人がくれた写真・彼の撮影のを一部掲載させて頂きたいと思います。
a0072172_1111544.jpg

親友と母と一緒に。
a0072172_2395373.jpg

パーティーはリストランテ三郷(http://mrmd.co.jp/misato/)を貸切の立食パーティーで行いました。
二人とも大ファンの毛利シェフとスタッフの方たちとの一枚。
料理もすばらしく、ワインもおいしかったです。スタッフ方達のサービスも本当にすばらしかったです。
a0072172_117930.jpg

本当にありがとうございました。
また詳しくは改めて・・・
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-10-21 11:10

結婚式の前日

彼のご両親がお昼に到着し、一緒にお出迎えし京都観光を楽しみました。
遠方まで足を伸ばすのは・・ということもあり、まずは北野天満宮へ。
梅の咲く季節が美しいと思いますが、秋の清々しい季節にあでやかな社殿を鑑賞するのもとてもよかったです。
その足で大徳寺へ。瑞峯院へ行ってきました。
a0072172_23162686.jpg

a0072172_23193879.jpg

枯山水のお庭が心を和ませてくれます。

彼のご両親とゆったりと深まりゆく秋の京都を堪能できて幸せでした。
a0072172_23201860.jpg

a0072172_23174840.jpg


夜は双方の両親揃って食事会を開きました。
北山にある「乃しhttp://www.delicious.ne.jp/html/toku02/kiji02/kiji02_0112_07.htm」にて食事会を開きました。
奥の個室で美味しい料理と日本酒に舌鼓を打ち楽しいひと時を過ごすことができました。

この日のことも一生忘れないと思います。

明日は結婚式。
先ほど彼の家族同然のお友達から参加できるとの連絡を確認できました。
私は以前にお会いしていて、その方のファンでもあります。
その方はとてもお忙しい方なので彼と参加は難しいけれど仕方ないね、と話していたので涙が出るほどうれしいです。

明日もかけがえのない日になりそうです。
そしてお互いの大切な人たちに会えて楽しいひと時が過ごせることがとても幸せです。
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-10-12 23:20

あと2日で結婚式です

今日はウエディングドレスとタキシードが届きました。
もういよいよなんだなぁと気持ちが高まります。
パーティーの際に必要な細かいものを用意したり、こういう時間も楽しいものです。

またまた親友からの予期せぬプレゼントが届きました。
a0072172_23301943.jpg

それはお祝いカード。手作りで写真の切り抜きやメッセージが貼り付けてありました。
a0072172_23303974.jpg

出会った当時の若かりし頃の写真や一緒に旅行に行った時の写真など本当に懐かしくて、当時の自分を振り返ったり一緒に過ごした時間を思い出したり・・・感慨深い時間を過ごすことができました。
開けた瞬間、思わず驚きとうれしさでホロリと涙が出てしまいました。
忙しい中時間を割いて写真などを持ち寄り、私のためにこんな素敵なカードを作ってくれて本当にうれしいなぁと思います。

あと2日で結婚式です。
わざわざ時間を割いて来てくださる方のためにも、そして自分たちのためにも素敵な時間が過ごせるようにしたいと思います。
a0072172_23311280.jpg

写真は式の当日につける髪飾り(ボンネ)
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-10-11 23:32
結婚祝いにまるこさんとモリコさんから柳宗理のカトラリーとお皿を頂きました。
まるこさんとは中学からの中学からの一番長くて気心も知れて離れていても安心できるお友達。

彼女と一緒に大阪の雑貨屋さんでウインドーショッピングを楽しんでいた際に柳宗理のグッズを見つけて、私は一人大騒ぎしてしまいました。
しかもすごーーく好きなので結婚したらお祝いに頂戴!なんて(当時はお付き合いしている人もいない状態)お願いしていたのを記憶しています。今から何年前だったのかな・・・ずいぶん前になると思います。

それを覚えていてくれたのがすごくうれしかったです。
包み紙を開けている際にハッとして思わず泣きそうになりました。
a0072172_22473160.jpg

彼も柳宗理(http://japon.net/yanagi/indexj.shtml)は好きで、今回頂いたアイテム以外のものを持っていました。
使い勝手が良くてシンプルで手に触れるとなじむといいますか、うまく表現できませんが、ずっと大切に使い続けていきたいという思いになります。

サプライズ☆を受けると本当にうれしくなりますね。
私もまわりの人にサプライズが振りまけるようになりたいです。
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-10-02 22:48

ご無沙汰しています。

日記が途絶えてかなり日が経ってしまいご心配かけましたが元気でやっています。
就職先に必要な資格試験(証券外務員2種)があり、自制して久々の勉強に励んでおりました。
そして先週末に結果が出て何とか無事に合格していました。

これまでの期間、落ちるわけにはいかないというプレッシャーやらで睡眠時間を割いてがんばっていましたが、終わってみて彼の協力があったからこそだなぁとつくづく感じます。
夜の食事やお皿洗いまでしてくれて本当に主婦らしいことは何一つできていませんでした。
合格の知らせを聞いて、その日の夜は何か彼を喜ばすことはできないかなぁと思いを巡らせ、行きつけのお店(http://www.winegrocery.com/)で手ごろな価格のワインを購入して帰りました。

夜は彼は既に久々にいいワインを開ける予定だったようで(しばらく一緒にお酒も控えてくれていました)ブルスケッタの具にナスを焼いて潰したものとジャガイモを蒸してペーストにしたものを用意してくれていました。(上にかけたアンテョビソースがおいしかった!)それと近くのスーパーで買った鴨肉のスライスと。

私の購入したワインは歩いて動かしているのですぐには飲めないから寝かせる必要があるとのことで、彼のワインを開けてお互いに感謝して、その日は気持ちよーく酔いました。
ワインもとってもおいしかったです。
a0072172_11571318.jpg

彼の説明によれば「ボジョレーの中の最高峰」だとかで、とてもボジョレイとは思えなくてびっくりしました。甘みがありつつも酸がしっかりしていてふくよかで素敵なワインでした。
a0072172_11573651.jpg

結婚式まであと約3週間。
まだまだ細かい手配が出来ていないので、楽しみながら取り組みます!
a0072172_1159188.jpg

写真は先日彼が作ってくれたイカ墨スパゲティ。本当の本当に心からおいしかったです!今まで食べたパスタの中で記憶に残るもの!あ~、また食べたい!
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-09-23 12:05

心震えるコンサート


a0072172_177172.jpg
昨日は京都コンサートホールであった「小澤征爾音楽塾コンサート」に行ってきました。
http://www.ongaku-juku.com/j/index.php
a0072172_1774035.jpg

小澤さんはお話・音楽監督ということで、今回の舞台で拝見できるとあって、初めて生「小澤」を目にするとあって密かに興奮していました。

巨匠でありながらも、物腰が軽くていらっしゃってすごーくチャーミング!!
今回の公演がローム(株)との協賛で成り立っている経緯や今回のメンバーが合宿し他の地方でも公演を重ねてきた過程なども説明してくださいました。
小澤さんの熱い熱い情熱が注がれている様子が感じ取れました。説明の後は、客席に座っている各パート別の先生方も紹介した後にご自身も客席へ。
私たちが座っている席から首をやや左後ろに傾けると小澤さんが視線に入ってしまいます!同じ視線で鑑賞し、こんな身近な場所にいらっしゃり・・何だかこれもすごいなぁ~なんて感動してしまいました。

さてコンサートですが、本当に本当にすばらしかったです。
何度も何度も背筋がゾクゾクしてしまいましたし、感動しました。
もちろんのことながら、指揮者も含め演奏者全員が若いメンバー。エネルギーがほとばしって、輝きさえ感じました。そして生き生きしているし躍動感も!

指揮者である若干19歳の鬼原さんの動きもアグレッシブでした。
パートナー曰くは彼の左腕の振り方は小澤さんに似ているだとか。
小澤さんが彼のことを紹介する際に茶化して「変です」というようなことをおっしゃったのですが、その言葉にすごく愛情や期待が込められているように感じましたし、彼の初公演に立ち会えて光栄に思います。

前半のオペラ(ビゼー作曲のカルメン)もすごくよかったです!
前半最後に演奏された「おまえの投げたこの花を<花の歌>響きもするどく」では終盤の盛り上がりの場面では歌と音楽との高まりが極致に達したような場面でした。何ともいえない一体感が会場に漂い拍手が鳴りやみませんでした。

後半はベートーヴェン作曲 交響曲第5番 ハ短調 作品67「運命」でした。
「運命」を全て聴いたのは今回が初めてでした。
すばらしかったです。身を音楽に委ねるといいますか、様々な場面がありました。最後の場面は同じく強い強い高まりが感じられましたし、背筋がずっとゾクゾクしていました。
指揮者と演奏者との一体感もあり、終わった瞬間に「ブラボー!!!」の嵐。拍手は止みません。
小澤さんや他の先生方もうれしそうに舞台にあがり、抱擁を交わしていました。

いつまでもいつまでも余韻が残るコンサートでした。

チケットをがんばって購入してくれたパートナーに感謝☆
今日は改めてカルメンを聞きながらまったりしています。

a0072172_178248.jpg
鬼原良尚 略歴
1987年生まれ。2004年、2005年ロームミュージックファンデーション音楽セミナーにて小澤征爾、湯浅勇治、三ツ石潤司の各氏より指導を受ける。2006年東京芸大音楽学部付属音楽高校ピアノ科卒業、現在ウィーン国立音楽演劇大学指揮科・ピアノ科に在学中。
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-07-28 17:08

仕事が決まりました。

就職活動9日目で幸運なことに本日仕事が決まりました。
私も彼もこれからなのでお互い助け合っていきたいと思っていただけに8月1日から働けることに大変感謝しています。

そして今回の就職活動には大変意義があったと感じています。
大学卒業以来の就職活動でしたが、当時とは違い自分の中で求めているものがはっきりしているということがわかり、すごくうれしく思っています。

それには会社を辞めたことが大きなポイントだったとも思っています。長く勤めていた会社で学ぶことは大変多く、今の自分を作り上げてもらえたのも会社のお陰だと感謝しています。

ただ離れてみると客観的に将来のことですとか、自分のことが見れて本当によかったとも思っています。そして仕事に忙殺されて、考えるということから遠ざかっていたようにも思えます。

今回、フランス留学も含めてゆったりした時間が得られて自分の中で本当に大切なものが何であるかと言うことが自分なりに感じ取れたと思っています。

次の仕事先は証券会社です。
フランス留学ではジュエリーを勉強していました。
もちろん将来的にも継続させていきたいと思っています。
前回の仕事が損害保険会社であり、今回も同様の金融機関です。
ただ性質は全く異なっていると思いますし、私自身ほとんどゼロに近いくらい知識には乏しいです。

ただ帰国してから感じたのは、仕事が何であれ株式やお金の知識を広める勉強がしたいと思っていただけに仕事をしながら知識を広めることができる環境に身を置けて本当に幸運だったと思っています。

団塊世代の方たちがもっと投資に興味を持ったり、年金が期待できない世代の方たちが自分の将来に対してよりよい方策を求めていく流れは必然的といえるのではないかと思います。
私はそういった方たち、もちろん自分のためにも力になれるようになりたいと思っています。

ですから、新たな世界に足を踏み入れるのもとてもワクワクしています。
これからは次のステップへとしてこれからはしばらくお勉強に励みたいと思っています。
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-07-27 00:25
本日、彼と一緒に牧師様と面談して結婚式の日取りが決まりました。
10月13日(土)になりました。場所は母校のチャペルです。
a0072172_9485330.jpg

資金面も乏しい為、式をするべきかなどいろいろと考えた結果ここにたどり着きました。
双方の両親も特に希望はなく自分たちの好きなようにやればいいとの意見でしたので、彼と私の間で自由に選択することができました。そして彼は形式にも特にこだわりはないとのことなので、最終的に私自身が望むかたちで式を挙げることを了解してくれました。
私は母校で過ごしたこのチャペルに思い入れがあり、成人してからもキリスト教に触れるたびに原点はここにあると感じていました。そして突き詰めて考えると、どうしてもこの教会で式を挙げたいという思いが強まりました。
教会である為、結婚式を行う際は事前に牧師様と面談し教会側からの制約ですとか、あくまで礼拝の一つであるという式に臨むまでの心構えなどを説明してくださいます。
a0072172_432335.jpg

通常、すでに7月18日という7月も中旬のこの時期の為、空いていなければ先延ばしにしようと考えていたので、幸運にも式を挙げることができることになり本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
帰りに御所を久々に散歩して帰りました。まだまだ準備が整っていないですが、清々しい気持ちです。
a0072172_432405.jpg

[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-07-19 04:35

入籍しました。

7月17日(火)祇園祭(鉾巡行の日)に入籍しました。
a0072172_35896.jpg

この日を選んだ理由は、京都らしいこと、そして記憶に残る日だからです。毎年、祇園祭になると思い起こすことでしょう。
当初は前日の16日の宵山を考えていましたが、17日は鉾・山がいっせいに動き出し躍動感があります。これからの自分たちの人生の一ページを踏み出すには、ふさわしいシチュエーションだと感じ、二人で決めました。

実は私は今日生まれて初めて山鉾巡行を生で見ました。提灯に照らされているときとは趣がことなり自然の光の中での装飾やお囃子もすばらしかったです。
a0072172_354640.jpg

そして辻廻しでは音頭取り、曳き手の呼吸があってこそ巨大な鉾を動かせるのだと見入ってしまいました。そしてこれからの自分たちの人生になぞらえてしまいました。
a0072172_36565.jpg

式はできれば、ささやかなで自分たちらしいものを行いたいと思っていまして検討中です。また改めてお知らせしたいと思います。
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-07-18 03:06

野菜が届きました~

さきほど「らでぃっしゅぼーや(http://www.radishbo-ya.co.jp/radish-lp1/index.html)」の宅配が届きました。
a0072172_12514577.jpg

a0072172_12524773.jpg

野菜が毎週木曜日に届くそうで、野菜が届いてからその新鮮でおいしい野菜を使ってお昼を食べようと彼からの提案。
野菜のほかにオプション(月一回)で乾物、特別野菜?もとどきました。
a0072172_1252348.jpg

a0072172_1252171.jpg

日本に帰るときから焼きナスが食べたーい!といい続けていたので、おナスを見つけ早速焼きナスでお昼を食べることに。
「わぁ~!!」と野菜を覗き込んだりしている間に彼が既に台所に立って焼きなすの準備やら、お昼の支度に取り掛かってくれました・・・
本当にスピードが速いです・・いつもこんなことではいけないので私もちゃっちゃと動けるようにならなくては・・・

ご飯を炊いてお味噌汁と一緒にお昼だ~^^*
おひたしも作ってくれているようです。
早く手伝わなきゃ。

今晩は彼が働いていた神戸の須磨にあるイタリア料理店「テゾーロ(http://blog.livedoor.jp/tesoro_vino/)」に行ってきます。シェフHITOさんに会えるのが楽しみです☆
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-07-05 12:53

両親との初顔合わせ

またまた個人的なお話で申し訳ありません。
どうしても今日の出来事は心に残る一日だったので記憶に留めておきたくて・・・
a0072172_21111563.jpg

すでに彼とは一緒に生活を始めていますが、実は本日は彼と私の両親との初顔合わせでした。 事前に母が食事も一緒にと配慮してくれてランチを一緒に取りました。
場所は楽々荘(http://www.rakurakuso.com/)です。母が希望してくれて有形文化財の建物の2階の部屋で食事をすることができました。平日だったこともあり私たちで貸切状態でゆったりと過ごすことが出来感激でした。
ここは2階に上がる階段部分です。
a0072172_2122960.jpg

お部屋の天井部分
a0072172_215555.jpg

テラス部分
a0072172_2133217.jpg

a0072172_2134996.jpg

この建物の空間は本当にすばらしかったです。アンティークが好きな私にはこの上なく愛しく感じました。
彼と母とは私がフランスに発つ前に顔を合わせていした。父とはまだでしたが、パリで両親に会った時は父も彼との結婚を喜んでくれていたので、私としては何だか初めて会って食事をしている雰囲気ではないなぁなんて思っていました。
両親からの色々なアドバイスを受けて、更に身が引き締まる思いがしました。
それと同時に祝福してもらっていることが肌で感じることができて改めて幸せな気持ちになりました。母に「パリで会ったときより、ニコニコしているわね!」と言われたときは正直うれしかったです。特に自分では意識していなかったので。両親と彼とがにこやかに会話している姿を何時までも目に焼き付けておきたくなったり、この光景がうれしくて思わず写真に撮ったりしてしまいました。
a0072172_214223.jpg

これからが大変な二人ですが、応援してもらえる気持ちが本当にうれしいです。改めて両親の大切さや存在の大きさを感じました。そして彼にも・・・

お料理は品数が多くて食べ応えたっぷりでした。この時期ならではのものやお野菜もじんわり美味しくいただけて幸せでした。
前菜前の一皿。鴨とお野菜の盛り合わせ
a0072172_21165521.jpg

前菜(鮮魚の炙り焼き フルーツトマト、キャビア添え)
a0072172_2162284.jpg

白金豚ソーセージのロースト サラダ添え
a0072172_2165918.jpg

鱧と黒オリーブの入ったトマトソースのスパゲティ
a0072172_2173822.jpg

和牛ロースの炭火焼 温野菜添え
a0072172_2182276.jpg

ココナッツのパンナコッタ
a0072172_2185495.jpg

エスプレッソ(器が涼しげで面白いです)
a0072172_2194185.jpg

彼の選んでくれたワインもとってもおいしかった。
a0072172_2110914.jpg

ワインはその時に味わった雰囲気などで印象が残るとも友達が言ってくれましたが、まさにその通りだなぁと感じ入った一日でした。
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-07-04 21:12

帰国しました。

7月1日深夜0時ごろに彼と一緒に終電で京都に帰ってきました。
パリから香港経由で香港に2泊してヨーロッパとの違いに圧倒されて今は一番居心地のよい京都に。パリは6月末でも薄手のコートが必要なくらいに寒かったので日本の湿気の多い蒸し暑さにちょっとびっくりでした。でも懐かしい「日本の夏~!!」を感じます。
a0072172_050155.jpg

翌日は一番食べたかった「お蕎麦」を食べに行きました。
仕事で京都の北山方面に出向く用事があるとのことで知り合い(カッタ。さん)に拾ってもらい、彼と3人で北山にあるお蕎麦屋さんに。久々に食べるお蕎麦はおいしかった・・・。
(帰りまで送ってくれてカッタ。さん本当にありがとう!)

さて、これからすべきことがいっぱいです。
前向きに精一杯臨んでいこうと思っています。
パリでの滞在は私にとって宝物。貴重な経験。
これからは大変だと思いますが、未来に対するワクワク感は以前と変わりはありません。自分なりに楽しんで彼と一緒に助け合い挑戦していきたいと思います。
また、フランスで出会った人々には感謝の気持ちでいっぱいです。そして将来的にも繋がっていくことと思います。これまで出会った方々と同様にかけがえのない財産です。

彼には帰国の際も力になってくれて感謝の気持ちは言葉では言い尽くせません。
戻ってきて改めて色々なことに感謝の気持ちでいっぱいです。
この気持ちを大切にこれからの日々も過ごしていきたいと思っています。

*パリ滞在中に日記に書きたかったことが載せられずにいたので日にちはさかのぼりますが改めてちょこちょこ書かせていただきまーす。
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-07-03 00:51
a0072172_23374282.jpg

ニース3日目は一つ星を獲得した「ケイスケ・マツシマ」Keisuke Matsushima(22 ter r.de France) http://keisukematsushima.com/index.htmlでデジュネを。以前に友達夫婦も訪れていておいしかったとの感想を聞いていたので楽しみにしていました。
a0072172_23364891.jpg

お昼までの時間は港をお散歩。豪華クルーザーが並び、その光景に圧倒されました。
a0072172_23371585.jpg

レストランでは少し緊張気味でしたが、ワインとセットのコースを楽しみ徐々に緊張もほぐれ楽しいひと時を過ごすことができました。
前菜はスライスされた野菜の盛り合わせ。野菜の甘みをゆっくり上品に味わえられて感激でした。
a0072172_23381542.jpg

メインはお魚です。全ての味を味わいたかったので彼とシェアして頂きました。
a0072172_23404216.jpg

デザート後のプチフールが見た目もかわいくて感激でした。
a0072172_23414763.jpg

食後にビーチでしばしくつろぎ、マティスの手掛けたチャペルのあるヴァンスへ。
a0072172_2342917.jpg

お昼に頂いたワイン、特に別でオーダーしたデザートワインが効いたのか、酔いがまわり行きのバスでは熟睡・・・目が覚めたときは到着直前でした。
a0072172_23425619.jpg

a0072172_23431477.jpg

マティスのチャペル(中は撮影禁止でした)、ここに本当に来れたことがしばらく信じられず、しばらくその場に佇んでいました。宗教色が一切ないけれど、逆に想像力を働かせる効果があるような・・・私は単純に斬新で美しくて、その空間に身を置いているのが幸せでした。
a0072172_23434328.jpg

帰りは飛行機の時間もあるので急がなくてはならないのに、どうしてもニースに初めてまるこさんと訪れた際に見つけたかご屋さんへ。
a0072172_23442226.jpg

以前と変わりなくおばあちゃまが元気に切り盛りしていて、すごくうれしくなりました。
パリに帰ってきたのは夜中12時近く。本当に彼には感謝です。ほとんど何もせず彼にまかせっきりだったので・・・ありがとうね。
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-06-18 23:47 | Nice
6月11日(月)
午前中は前日に時間がぎりぎりで訪れることができなかったシャガール美術館へ。
a0072172_2356162.jpg

私はここは2度目ですが、何度訪れてもいいナァという思いになります。
左端はシャガール後本人でしょうか?
a0072172_23565531.jpg

光の差し込むゆったりした空間で鑑賞を楽しむことができます。

その後バスを利用しマントンに行ってきました。
ニースからマントンまでは片道1.3ユーロ!!(後でわかったんですが、一日券4ユーロでニースの市内もマントンへもいけてしまうのがすごいです!)
マントンにたどり着くまでの景色がすばらしかったです。モナコも通るので、車窓から簡単なモナコ観光もできちゃいました。単なる移動ではなく本当に景色が楽しめて仮眠を取ることすらできませんでした。
a0072172_23574752.jpg

マントン市内に入ってくるとコバルトブルーの海がチラホラと見え始め、急遽途中下車。
そのまま海岸沿いのレストランのテラス席でお昼を食べました。風が強かったけれど、その風も心地よく感じるくらいすばらしい眺めでした。 ニースのビーチに比べ人は少なく、さらにゆったりとした時間が流れていました。
お目当てはコクトー美術館、コクトーの手掛けた市庁舎結婚の間。
a0072172_2358968.jpg

残念ながら市庁舎結婚の間は見ることができませんでした。もしかすると結婚式が行われていたのかもしれません・・そしてジャン・コクトー美術館へ。
a0072172_23584224.jpg

ひっそりとこじんまりした美術館でした。
その後、市内散策をしたのですが、ここも丘からの景色もすばらしく圧倒されました。
a0072172_2359157.jpg

[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-06-16 00:00 | Nice

ニース旅行(その1)

a0072172_02134.jpg

6月10日(日)~6月12(火)にニースに旅行に行ってきました。
快晴で太陽の光がさんさんと降り注ぎ、とっても気持ちよかったです。
パリから飛行機でニースに。彼が手配してくれて、初めてeasyjet(easyjet.com)を利用しました。安いだけでなく機体も新しくきれいでしたし無駄を省いたサービス、とってもいいと思いました。飛行機の旅は短い距離でも空港に近づくなりそわそわしてしまいます。旅のムードが高まります。

さて初日は市内観光と美術館に行ってきました。
海岸に着くなり、海の青さとヴァカンスの陽気で別世界に来たような気分になりました。
私も思わずリゾート気分になり、洋服を着替え場合によっては海に入れるように下に水着を着て出かけました。
まずはお昼にサンドイッチを買いベンチに座って海を目の前にして景色を楽しみました。
a0072172_035418.jpg

その後は旧市街を散策。かなり以前に友人と冬のニースを訪れたことがあります。
a0072172_043719.jpg

写真に写っている市場のあたりでお昼を食べたのが懐かしく感じて、カフェを覗き込んではこの店だったかなぁ~なんて当時の思い出がよみがえってきました。
a0072172_055032.jpg

a0072172_0101332.jpg

建物の色がピンクやクリーム色、オレンジ、淡い緑など何とも彩がかわいらしいです。
a0072172_061847.jpg

植物も熱帯地域という感じで、教会も温かみのある雰囲気がします。
展望台からの眺めも壮大でした。
a0072172_072596.jpg

a0072172_064922.jpg

夜は旧市街の路地にならぶレストランに。夏場、外でご飯を頂くのは気持ちいいですね。
a0072172_031430.jpg

花が咲き乱れて海が美しく何時まで眺めていても飽きない・・そんな気がしました。
a0072172_09950.jpg

a0072172_093277.jpg

[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-06-14 00:14 | Nice
a0072172_4362834.jpg

念願のル・バロン・ルージュに行くことができました。
ここはパリに憧れていたころに読んでいたイラストライターのこぐれひでこさんの本にも登場したワインバーです。
量り売りをしている昔ながらの味のあるお店のように記憶していて、そんな地域の人々に愛されるワインバーに行ってみたいとほのかに憧れを抱いていました。
「せっかくだから賑わいも感じたいね、」と彼と話をしていましたが、私たちは夕食前のアペリティフ代わりに行ってみることにしました。
到着したのは8時ごろ。今は22時前でも空が明るいので、お店が見えると同時にお店の外の人だかりが目に付いてびっくり!!既にすごい賑わいを見せていました。中も人でぎっしり!人を掻き分けて何とかカウンターにたどり着き注文をすることができました。
a0072172_4374389.jpg

お店のおじさんもすごくいい感じです。私の発音が悪くて「Cahors」がなかなか伝わらず、やっと理解してくれたときは手を握り、「発音難しいもんね!」と励ましてもらったり(笑)
ちなみに「カオール」と言っていましたが、「キャオール」のようです。
おつまみはお隣の方が頼んだパテとソーシッソンの盛り合わせが美味しそうだったので同じものをもらいました。
スペースがないながらも端の壁際にある隙間を見つけて場所を確保。乾杯!うーん、おいしい!アペリティフのつもりが結局、一人3杯ずつ頂きました。
a0072172_437380.jpg

彼がカウンターでワインを頼んでいる際にそのカウンターにいた親切なフランス人カップルが彼に自分たちの頼んだボトルのワインを試飲させてくれたりとうれしいふれあいもありました。
a0072172_438956.jpg

にぎやかな雰囲気に浸り、かなりテンションが高まり家路に・・・お互い3杯ずつなのに酔っ払ってしまいました。また訪れたい場所です。

***************************************
LE BARON ROUGE
1 rue Tbéopbile-Roussel 75012
43.43.14.32
***************************************
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-06-10 04:39 | Paris

「LECUREUIL」

パリにいる間にここでしか味わえないおいしいケーキが頂きたい!ということで初めてのお店へ行ってきました。
ここはパテシエのおさむさんに情報もらいました。(おさむさん、Kumicoさんありがとう!)日本のお菓子雑誌に注目のお店として掲載されていた一つです。
a0072172_23464884.jpg

***************************************
「LECUREUIL」
96 rue de Levis 75017 PARIS
01.42.27.28.27
休:日・月 9H~20時
***************************************
行った時間が18時近かったこともありケーキもだいぶ減っていました。
a0072172_2347152.jpg

チョコのケーキと焼き菓子を一つずつ購入しました。
夕食後のデザートにするはずが食べられず・・・
翌日の朝食代わりに!(私としては朝から甘いもの食べるのが大好きなのでうれしい・・)
a0072172_23475557.jpg

チョコケーキは中がムースの層になっていて今が旬のさくらんぼが・・
ふんわりした甘さと上品さが印象に残りました。
焼き菓子はピスタチオを使った生地。同じくさくらんぼが中に入っていて少し甘酸っぱさも感じられてしっとりしていて美味しかったです。
a0072172_23482198.jpg

服部さんから頂いたブラックベリーの紅茶と一緒に幸せなひと時が過ごせました。
[PR]
# by nadeshiko-mayumi | 2007-06-08 23:48 | Paris