日々の出来事を綴っていきます。毎日些細なことでもすばらしいと感じとれる気持ちでいたいです。


by nadeshiko-mayumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ここもパリなんだなぁと本当に不思議な気分になったところです。
パリに意外なものもあるなぁと。
それは水族館!!
実はここに来るつもりは元々なかったんです。
月初めの第一日曜のミュゼ無料の日に普段は足を運ぶことはないであろう
アフリカ・オセアニア美術館に行ったつもりだったんですが当時はどうもやっていないようで・・・
ただ係りの女性の方がとっても親切で「~おもしろいから覗いてみて!」と誘われて気分よくなって思わず入ってみました。
ちょっと聞き取れなくて、何がやっているかよくわからないけれどとりあえず
入ってみようと・・・
入った瞬間びっくり?!です。
ここはどこですか~☆?!△!と口がポカーンと開いていたように思います。
a0072172_2251648.jpg

中央にワニ園!がありワニが動いています。
a0072172_22514864.jpg

a0072172_225297.jpg

周りにきれいなお魚が泳ぐ水槽があり、私も子供のようにはしゃいで見てしまいました。
ナポレオンを初めて間近で見ました。お口の中もエメラルドブルー!!
a0072172_22531464.jpg

太刀魚の一種でしょうか?かわいらしい。大きなリボンをつけているように見えます。
a0072172_22542796.jpg

やはり比較的、親子連れが多かったです。

★MUSEE DES ARTS D'AFRIQUE ET D'OCEANIE★
293 av.Daumesnil 75012
M8:PORT DOREE 火曜休み 10:00~17:15
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-05-31 22:55 | 美術館
友達も近くに住んでいてよく利用しているというアリーグル市場に行ってきました。
a0072172_346151.jpg

広場前には小さい規模ながら骨董市もやっています。
ここはバスティーユから近くもともと職人の町だったようです。
価格も安いということでわざわざ足を運ぶようです。
a0072172_3463772.jpg

確かに野菜もお店によってはすごく安い。
フランボワーズをケース売りで2ユーロ!と叩き売りしているお兄さんもいて
ジャムを作ろうかと最後に見に行ったのですが、2ユーロで売るのも納得。
食べ時ぎりぎりという感じでした(笑)
a0072172_347176.jpg

広場前に建っている市場建築はパリ最古のものとのこと。
さすがに通りの市場とは違い、ひんやりした空気のなか静かな時間が流れているようでした。
a0072172_352485.jpg

この屋内市場にイタリア食材専門店があり、ちょうどパルメザンチーズが切れそうだったので購入してみました。樽のような巨大な塊から切り分けてくれました。若いのと熟成したのと2種類置かれているので、どちらも試したくなりました。

お肉屋さんでバスク風?パテを購入(バスク料理を食べたことがないので憧れがあります)。口に一切入れた途端、赤ワインが欲しくなり、またまたお昼なのにちょっぴり頂いてしまいました。
お買い物帰りに付近を少しだけ散策してみましたが、ビオのパン屋のモアザンやその外にも良さそうなパン屋さん、量り売りのワイン屋さんなどがありなかなかいい場所です。ご近所に住む友達がうらやましいっ!今度は彼と一緒のときにワイン屋さんにも行ってみよう。
初めてみた小粒のトマト。おいしくて市場の中を見ながらパクパクつまんでしまいました。
a0072172_3503135.jpg

a0072172_3512342.jpg


rue d'Aligre 75012
マルシェは月曜休み
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-05-31 04:03 | Paris
またまた散策中に出会った猫くん。あれ??
a0072172_0153214.jpg

午前中に会った猫と同じかな・・・とふと立ち止まって考えていると
a0072172_0162459.jpg

坂道を降りてきた猫も、ふと考え事をした様子で
a0072172_0171999.jpg

a0072172_0202918.jpg

逆向きに歩き初め、軽々と壁をぴょこんと飛び越え
a0072172_018464.jpg

a0072172_0184294.jpg

どこ行くのかなーと目を追っていると!!!??向こう側にジャンプ!
大丈夫かなと思わず壁を覗き込むとそこは美術館。
建物の一部に着地した様子。
猫もお散歩コースが色々あっていいな。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-05-30 00:21 | Paris
a0072172_23584434.jpg

a0072172_23591031.jpg

散策最中によく猫を見かけました。
a0072172_00280.jpg

a0072172_004966.jpg

a0072172_011413.jpg

日向ぼっこを楽しむ姿や物思いにふけっている様子の猫などパリとは一味違った風景で
時間が緩やかに流れている気がしました。
a0072172_015013.jpg

[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-05-30 00:02 | Paris
a0072172_236199.jpg

至るところで薔薇が咲き乱れていて本当にきれいでした。
a0072172_2364836.jpg

a0072172_238217.jpg

昔ながらの石造りの家もかわいらしく、玄関にツタや薔薇を置き壁に絡ませたりととっても素敵でした。
a0072172_2382543.jpg

a0072172_2391837.jpg

a0072172_2395446.jpg

[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-05-29 23:21 | Paris
土曜日にゴッホ終焉の地であるオーヴェル・シュル・オワーズに行ってきました。
週末は雨になるとの天気予報で金曜の夕方から雷雨でしたが、当日は曇り空で時折晴れ間も見られてよかったです。
さてこのオーヴェル・シュル・オワーズは本当に小さな村で、ゴッホの足取りを尋ねる観光客で幾分、賑わいを持たせているような雰囲気で小道に入ると人気もなくひっそりしていました。
a0072172_231110.jpg

まずはノートルダム教会へ。ゴッホの描いた教会の絵はあまりにも有名だと思います。美術の教科書にも出ていた記憶がありオルセーで本物を目の当たりにして感動しました(オルセーにはあまりにも有名な絵が多く、初めて訪れた際には驚きと感動で呆然としてしまいました)。
そのゴッホの描いた教会を目の前にすると何とも不思議な気持ちになりました。
ゴッホの描いた絵は写実的なものではなく、ゴッホのフィルターを通じて浮かび上がる独特の姿であり色彩でありゴッホの計り知れない才能をまた一歩近づいて垣間見れた気がしました。
a0072172_2313564.jpg

その足で近くにあるゴッホと弟テオの眠る共同墓地へ向かいました。
墓地は周辺は麦畑に囲まれていて壮大な景色が広がっていました。
これもまたゴッホの描いた景色だなぁと感動しました。
ゴッホとテオのお墓は特に飾りもなく本当にひっそりと佇んでいました。
a0072172_2321513.jpg

ガシェ医師の家から移したつたが覆っていて、何となくガシェ医師が暖かく包んでいるように思われました。
最後にゴッホが住んでいて最後に息を引き取った場所へ。
ここは修復がなされて現在は拝観できるようになったようです。
a0072172_2325556.jpg

日本人の来訪者がかなり多いことをうかがわせます。
というのは建物入り口までにゴッホの生涯をつづったパネルがあるのですが、フランス語、英語、日本語の三ヶ国語で表示されていました。そして部屋の見学後に入るオーディオルームも日本語の表示がありました。
部屋は・・・恐らく当時の状態にしてあると思われるんですが、本当にこじんまりとしていて壁には壁紙もなくむき出しのままで小さな天井窓がポツンと一つあるだけの質素なものでした。
入った瞬間に何となく切なくなりました。ピストル自殺を図り、重症になり2日間この部屋で苦しんで死を迎えたゴッホを思うと。
何故そんなに死を急いだのだろう・・・と。
オーディオルームではスライド式でゴッホの手紙の一部と当時の村の様子の写真やゴッホの絵が見られました。
去年の夏頃にアルルに行き、同じようにゴッホの足取りを少しだけ辿ることができました。
今回こうやってゴッホや印象派が愛した村が見られてよかったです。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-05-29 23:04 | Paris

お留守番ワンコ

車から顔を覗かせているワンコに遭遇。
あごを窓枠に乗せているのがすごくかわいらしくて写真を取らせてもらいました。
a0072172_226684.jpg

近づくと・・・さらにもう一匹ちいちゃなワンコが!!
a0072172_2263743.jpg

ご主人の帰りを待ちわびるかのように、ちいちゃなワンコも時折あごをのせて
顔を覗かせていました。
a0072172_227866.jpg

こういう風景もなんとも微笑ましくて景色に溶け込んでいるのがパリらしい。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-05-26 02:27 | Paris

今日のマルシェで

いつも行くマルシェ(POPINCOUT 11区)でようやくアスパラガスを買ってみました。
フランス産のもので、束で売っているのではなく自分で好きなだけ選べたので。
a0072172_218305.jpg

フランスに来てようやく初買いです。シェーブルのチーズのピラミッドも買ってみました。
アスパラガスは本当に美味!!何もつけずにそのものの味を楽しみたくて
オリーブオイルと塩を少し振りかけただけなんですが、ジューシーさと甘みが口いっぱいに広がり
とても幸せな気分に浸れました。終わってしまう前に毎回買い求めてしまいそうです。
a0072172_2194515.jpg

a0072172_220577.jpg

シェーブルは・・これもものすごーく美味しかったです。
白ワインがすすみ、お昼間から優雅な気分に浸ってしまいました。
お花は以前に旅行で来られた際にあゆきちさんから頂いたもの。
a0072172_2213637.jpg

次々につぼみをつけて咲いてくれるので、毎日欠かさずお水をあげて大事に育てています。かわいらしくて仕方ない!!
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-05-26 02:22 | Paris

今日のお昼ごはん

何故か無性にケバブが食べたくなりお昼ごはんとして購入。
家のご近所にあるケバブ屋さんはボリューム満点! (きっとケバブはどこもボリューム満点なんでしょうね) ちなみにお値段は4ユーロ(ポテト抜きだと3.5ユーロ)
今の部屋に引越しする為に近辺を下見しに来た際に 同じケバブ屋さんで以前に買って以来なので、かれこれ5ヶ月ほど経っています。(自炊を始めるとサンドイッチですら買わなくなってしました。)
a0072172_2595221.jpg

前回ポテトは頼むつもりはなかったのですが、お兄さんが入れてしまったので、「まぁいいでしょう」と思い食べたいのですが、冷凍とは思いますが意外においしい!
あまりの多さに一度では食べきれませんでした。
今回もそのときの記憶が残っていて量が多いのがわかっているにも関わらずポテト付きにしました。
最近はまた暖かくなってきたので、思わずビールと一緒に食しました。
羊のお肉のスライスがジューシーでおいしいっ! ビールもすすみます。
・・・今回もやっぱり食べきれませんでした・・・
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-05-25 03:01 | Paris

夜のセーヌ川の風景

この写真は4月26日(木)の20時過ぎに日本から旅行に来ていた友人をオルセーに送った後で一人でセーヌ沿いを散歩して帰る際に撮った写真です。
a0072172_213343.jpg

今はすっかり20時でも明るいのでなんだか不思議な気分です。
暗くなってから、この付近を歩くことはなかったので、あまりの景色のすばらしさにびっくりしました。
はぁー、やっぱりパリはなんて美しいんだろうと改めてかみ締めてしまいました。
a0072172_213319.jpg

水上バスの放つ光はすごく強いんですね。通過する際は付近がまばゆい光に包まれていました。
a0072172_2135373.jpg

帰国するまでに一度は乗ってみたいな。船からの景色もきっとすばらしいんでしょうね。
a0072172_2142397.jpg

[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-05-24 02:14 | Paris