日々の出来事を綴っていきます。毎日些細なことでもすばらしいと感じとれる気持ちでいたいです。


by nadeshiko-mayumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

先週の日曜に行った13区の中華街でタンフレールという巨大な中華スーパーにK夫妻に連れていってもらいました。
ここには中国のみならずアジアの食材もほとんど揃っていると思います。圧倒されました。
2階には食器などの日用品が売られているコーナーもあり、様々なものがあり見ていて楽しくなります。
ふと中国にいるような不思議な気分になってしまいます。
私がタンフレールで買ったものは・・・
フォー、日本米、蕎麦、そして白玉の粉。
a0072172_338135.jpg

以前にフランスに住んでいる日本人の方のブログで白玉団子が手軽に作れるという記事を読んで、何となく食べたくなりました。
袋にいっーぱい粉が入っています。
確か1ユーロちょっとだったと思います。
K夫妻にもらった黒煎りゴマをまぶして食べてみました。
a0072172_3383653.jpg

うーん、和菓子!!とうなってしまいました。
ゴマも大好きですが、他にも合うかなぁとマロンペーストをつけて食べてみました。
a0072172_3385911.jpg

これはクレープやクリームフレッシュに混ぜてマロンシャンティにして食べていましたが、これもマロン餡のようで楽しめました。

K夫妻:家に来てもらった際には、ぜひ食べてみて下さい。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-02-24 03:40 | Paris
パリの中華街に行ってきました。旧暦のお正月はお祝いに獅子舞が踊り爆竹を鳴らし・・とかなり盛り上がるとの噂も聞き、いつもお世話になっているK夫妻と一緒に。
a0072172_3155151.jpg

間近で見たのも初めてでした。
爆竹はすごい迫力です。
a0072172_3161430.jpg

各お店の前で獅子舞が踊り、お店の中に入って何やらしている様子が伺えます。
最後は楯のようなものにレタスをくっつけて、それを獅子舞ががぶりと食べてしまい、粉々になったレタスをまた店主に返す(このあたりは私はよく見えなかったのですが・・)ようです。
今年一年の繁栄を願っての意味のある儀式なのでしょうか、なかなか面白いなぁと思いました。

帰りはこの付近で一番流行っているフォーのお店にK夫妻に連れて行ってもらいました。
ガイド本によるとパリでピカイチと言われているとか・・・
a0072172_3164030.jpg

確かにおいしかったです!
あっさりした牛スープに香りのよい葉っぱをちぎって入れり、色々とトッピングできます。
あ~、また食べたくなりました。

PHO14
129 avenue de Choisy 75013
M7:TOLBIAC
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-02-24 03:27 | Paris
Musée Nissim de Camondo
ニッシム・ド・カモンド美術館に行ってきました。当時のコレクターであったモイズ・ド・カモンド氏に寄って収集された18世紀のロココ調の美術品や家具が展示されているとのことで以前から気になっていたミュゼです。
a0072172_3582280.jpg

ここにはイヤホンガイドが無料で貸し出しされています。
日本語もあります。ガイドを聞きながらの鑑賞はとてもわかりやすくていいです。
モイズ・ド・カモンド氏はユダヤ人の大富豪の子孫。スペインを起源とするユダヤ人のカモンド家は、オスマントルコ帝国のコンスタンチノープルで銀行を設立し、莫大な財産を築きパリに移り、モンソー通りに居を構えています。
父から譲り受けた建物を壊し。新たに自分の収集品を収める建物を建設。
a0072172_3511270.jpg

当時の華やかな生活を想像させる雅な世界が広がっていると感じました。台所の設計などは本当に事細かに考えられて作られているのですごいと感じました。
けれどガイドによると戦争で息子さんを亡くしてからというもの一人で過ごすことが多かったようです。家族で幸せな時間をこの邸宅で過ごしたのはとてもわずかな間だったようです。
お皿が絵画のように壁一面に収納されている部屋が圧巻でした。
a0072172_352304.jpg

この場所でモイズ氏は一人で食事をすることを好んだようです。
a0072172_3525527.jpg

彼の遺言で建物は装飾美術センター協会に遺贈されたとのこと。そのとき、彼はこの美術館に彼の息子のニッシム(1917年第一次世界大戦でパイロットとして参戦し不運な死を遂げている)氏の名前を名づけています。
モイズ氏にはもう一人お子さんに娘さんがいらっしゃいましたが、娘さん、夫、子供はアウシュビッツに連れて行かれ亡くなっています。
カモンド氏の家系は現在途絶えているようです。
a0072172_3531331.jpg

美術館にいた2時間の間に映画でも見たかのような錯覚に陥ってしまいました。
栄光、歴史、・・・そしてユダヤ人であるということ。

日本にいたときはそれほど意識していなかった。
けれど何故かフランスに来てからというもの、これまでの生活の中でのわずかなシーンで何故かユダヤ人に関して強く感心が出てくるようになりました。

日本に帰ったら、昔に読みかけだったアウシュビッツの本をまた開こう・・・

Musée Nissim de Camondo
63 rue de Monceau 75008
M2:MONCEAU 月・火・祝日休。
10:00~17:00
6ユーロ、18才~25才は4.5ユーロ。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-02-17 03:57 | 美術館
a0072172_21668.jpg

Il dissoluto punito ossia il Don Giovanni
Wolfgang Amadé Mozart (1756-1791)

Dramma giocoso en deux actes (1787)
Livret de Lorenzo da Ponte
En langue italienne

Direction musicale Michael Güttler
Mise en scène Michael Haneke
Décors Christoph Kanter
Costumes Annette Beaufaÿs
Lumières André Diot
Chef des Choeurs Peter Burian

Don Giovanni Peter Mattei
Il Commendatore Mikhail Petrenko
Donna Anna Christine Schäfer/Carmela Remigio ( 24, 27, 31 jan., 2, 5 fév.)
Don Ottavio Shawn Mathey
Donna Elvira Arpiné Rahdjian / Mireille Delunsch (5,11 fév.)
Leporello Luca Pisaroni
Masetto David Bizic
Zerlina Aleksandra Zamojska
a0072172_1581993.jpg

Don Giovanni
昨日、オペラを鑑賞してきました。
二度味わうことができました。といいますのは5分遅刻して本来の自分の席に座れなかったからです。
一幕目は2階の右端の前の席に開いている席が一席あり、そこに座らせてもらいました。
他の方の視界に入らないようにあらかじめ端で開いている席を開演前に把握されているようでした。 (その後、同じように遅れてきた方は階段部分に座って鑑賞していました)
この席もすばらしかったです。オーケストラも充分見えますし舞台全体も近く感じてよく見えます。 そして上に出ている字幕も視線を変える必要がなかったです。
今回のドンジョバーニは現代風にアレンジされているとのことでどういう風になるのか 予測できませんでした。知り合いの音楽家の方が先に鑑賞されていて、オーケストラも含めて あまりいい感想を聞いていなかったので高いチケットを買った私は内心どきどきしていました。
でもいざ始まると・・・すぐに引き込まれてしまいました。
舞台は高層ビルの一空間(オフィスの前?マンション前?)を思わせるものでした。
エスカレーターの設定や大きな湾曲したガラス窓が設置されていて舞台のセットとは思えない凝ったものでした。 ドンジョバーニもサラリーマン風にスーツ姿。掃除清掃のスタイルの若者が出てきたりと物語の流れが現代の設定と 合うようにしていることがよくわかりました。
ただ、私は鑑賞していて最後はストーリー上、無理が出てきそうだわ、と思っていたりもしました。 結果的には、そんな私の心配は演出がうまくなされていて必要なかったです。
ドンジョバーニ役のPeter Matteiすばらしかったです。
女性を口説くシーンもこの歌声なら・・・と私もうっとりしてしまいました。
一幕目が終わり、せっかくなので自分の席に戻ろうと休憩時間に移動しました。
係りの方が案内してくれた席はなんと!!!一列目?!!
一列目の右から2番目の席でした。購入する際に前の方だなぁとは思っていたのですが
まさか一列目とは!!!(普通は画面を確認して席を選ぶので皆さん自分の席は把握されています) 前に視界を遮るものは何一つなく、すぐ前にはオーケストラが!中の様子がよく見えます。 そして舞台の近いこと!正直コンサートホールで一列目は初めてです。
かなり感動してしまいました。
2幕目が始まるとオペラグラスなんて必要ありません。表情までしっかり見ることができました。
何より感動したのは指揮者を間近で見れたこと。右はしの席だったので指揮者の表情や身振りもしっかりと見ることができます。
オーケストラや舞台上との呼吸が取られているのがよく感じられました。指揮者のMichael Güttler
(http://www.operadeparis.fr/Saison0607/Biographie.asp?Id=1014&BId=97)の指揮している姿は美しいかったです。
容姿も美しいと思いますが、それ以上に発している何かがあるなぁと見とれてしまいました。
オペラもすばらしかったけれど、指揮者とオーケストラそして舞台との一体感、 これが体感できたことが何よりうれしくて一時間半酔いしれました。
a0072172_201283.jpg

舞台って見る席によって感じることが色々あって本当におもしろいと思います。
オペラがますます好きになりました。
a0072172_2036100.jpg

[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-02-17 02:04 | オペラ
2月8日(水)オブニのアノンスで見つけメールで応募し見に行くことができました。いつもお世話になっているK夫妻と一緒に。
a0072172_4505124.jpg

パリ発見の宮殿プラネタリウムにて名古屋市科学館の学芸員の方が日本語によるプラネタリウムの解説をしてくださいました。そしてフランス語での解説も続けて。あらかじめ最初の点で日本語による説明とフランス語による説明とでは若干違いがありますが、その点もお楽しみくださいとの説明がありました。それも興味深かったです。
特別プログラムとして日本人アーティストZABADAKの生演奏がありました。
a0072172_449626.jpg

本当に本当にすばらしかったです。
時折挿入される生演奏が心にしみこみ、空に溶け込んでしまいました。
アノンスの記事にもありましたが、大人向けのプラネタリウムでした。
パリでまさかこのようにパリの空と日本のほぼ真ん中の名古屋の空との違いについて考えてみたり、違いを知ったり、更に銀河に思いを馳せたりできるなんて想像もしていなかったので、とてもうれしかったです。そしていい経験になりました。
a0072172_4492517.jpg

日本ではこういう企画に参加するのは人が殺到してなかなか難しいかもしれませんね。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-02-13 04:50 | Paris

新たな学校

新しい語学学校の第一日目でした。
筆記試験がよかったのか(ソルボンヌでみっちりグラマーをしたためか)でも前で採点してくださったので、そこそこ間違えていたんですよ・・・
かなり上のクラスに入れられてしまいました。
明らかに私のレベルではないので変更してほしいとお願いしましたが
明日もう一日試してみて・・と聞き入れられず・・・
(こういうところは何故ルーズでないのかわからないんですが・・・)
でもいいこともありました。
水曜にジュエリーの学校に行っているので毎週水曜は学校を休むので振り替えて授業を取ることは可能かお願いしたところ、 聞き入れられました。
先生も親切でなかなかいい学校だぁというのが第一印象です。
でも授業難しかったです。
今まで勉強に身が入っていなかったので
これはみっちりがんばりなさいということなのかしら?

帰ってからお昼にアンディーヴをスパゲティにして食べました。
アンディーヴ(http://www.belgium-travel.jp/bweblog/archives/2005/10/post_29.html)
a0072172_2294225.jpg

大好きです。食感は白菜のようですが、ほのかなほろ苦さが・・・
食べたいものを食べると元気がでます。
a0072172_230790.jpg

さて気を取り直して、明日もがんばろう。
夜はプラネタリウム鑑賞があるので楽しみがあると励みになります。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-02-06 02:30 | Paris

1月27日 マレの風景

a0072172_3441134.jpg

マレは散歩していても色々な発見があって大好きなエリアです。
マレをお散歩していて目に付いた風景の写真。
思わず立ち止まって見つめてしまいました。
a0072172_344396.jpg

a0072172_3445833.jpg

[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-02-01 03:45 | Paris
30分ほど前に偶然に間近で見ることができました!!!
ちょっと興奮してしまいました。 まさかフランスの大統領をこの目でしかも間近に見ることが出来るとは思ってもみなかったので・・・
a0072172_317015.jpg

場所はポンピデューです。ネットをしようと図書館に行ったところ本日は閉まっているとのこと。美術館入り口からも入れないのか確かめに行ったところ何やらセレモニーの為、本日は閉館している模様。
a0072172_3172258.jpg

仕方がないので帰ろうかと思っていましたが
周辺を散歩してから地下鉄に乗ろうとしたところ・・・ すごい人だかりです。
有名人でも出てくるのかしら?と気になり私も待つことにしました。すぐにその有名人が現れたんですが、どこからか「シラク・・・」という声が。
まさか・・・と思いきやにこやかに手を振って周りの人に答えながらシラク大統領が歩いてくるではありませんか!?
周りの人たちは「ブラボー!!」と歓声をあげていました。
案の定、私はカメラを覗かずに写真を撮ったため、シラク大統領か誰なのかわからない写真を抑えることになってしまいました。
a0072172_3174674.jpg

しかし本当にびっくりです。そしてついてました!
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-02-01 03:18 | Paris