日々の出来事を綴っていきます。毎日些細なことでもすばらしいと感じとれる気持ちでいたいです。


by nadeshiko-mayumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

アフリカンショコラ

気になっていたショコラを頂きに、本日学校帰りに行ってきました。
それはアンジェリーナのアフリカンショコラ。
すごーく濃厚だけれどおいしい!!という噂を聞いていました。
クラスメイトの音楽家のMさんと一緒に。彼女はとっても忙しいのでこうしてお茶を一緒にできるのは奇跡です。彼女はショコラが大好きとのことで彼女のお奨めもありご一緒することに。

寒ーい冬にはいっそう頂きたくなる味です。
とっても濃厚で深いです。2杯目はきついとMさんはおっしゃっていましたが、チョコ好きの私は2杯半ほど頂いてしまいました。
ヨーロッパのサロン・ド・テ、カフェはくつろげるそうです。
音楽もかかっていないので、ゆっくり本を読んだり自分の時間が楽しめていいですね。
a0072172_2313451.jpg
a0072172_2315688.jpg


アンジェリーナ
http://www.jtb.co.jp/kaigai/guide/RestDetail.aspx?CityCD=PAR&RestCode=597
アフリカン ショコラ6.5ユーロ
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2006-10-30 23:09

図書館めぐり

10月29日(日)

10月28日(土)はセーヌ川沿いをお散歩して国立図書館に行ってきました。
一角にギャラリーがあり、無料で覗けたので鑑賞してきました。舞台装置の模型やマスクなど個性的で面白かったです。
帰りに館内にある本屋でとても分厚い絵画の本を買いました。本のセールをしていたので思わず気になり見入ってしまいました。購入したのはヴェネチア絵画です。
パピィもマミィも絵画が大好きなので帰宅後、本を見せると喜んでみていました。
帰国するまでは共有して楽しみます。

翌日の日曜は昼から並んでポンピドゥーセンターの図書館に入り、多くの学生さんに混じって授業の復習をしています。
みなさんすごい熱心です!ネットも無料で使えて、ここはとてもいい環境なので通い詰めたいと思っています。

昨日の晩は日本人女性が3人集まって、家で食事会がありました。歴代のホームスティのメンバーです。もちろん、日本語は禁止!
一人は私と年齢が近い方でステンレスのアートの勉強をこれからするべくフランス語をもう一度勉強されているとか。言葉があふれるように出てくるので本当にすごいなぁと圧倒されました。
もう一人は洋裁学校を出て2年半パリに滞在して、現在オートクチュールの仕事に携わっているそうです。発音がすばらしく、流れるように話されるし、ジェスチャーもフランス人そのもの!という感じでした。学生ではなく現実にこのフランス社会で働いている日本人に初めて会ったので、言葉だけではなく色々な意味でとても刺激になりました。彼女は22歳!思わず、自分のその当時を振り返ってしまいました。
本当に生き方は人それぞれですし、可能性は無限大だなぁとパリに来て感じることは多いです。
a0072172_22184451.jpg
a0072172_2219356.jpg
a0072172_22191930.jpg

[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2006-10-30 22:30
昨日、再びうれしいことが!!
それは知り合いと連絡が取れたこと!

Aix-en-Provenceで同じクラスだったフィンランドから来ているハナとAixを離れる前にメールアドレスを教えてもらい、再開を誓い合って別れたんですが、教えてもらったアドレスにメールを送っても間違いとのことで戻ってきてしまう・・・・

ハナとは学校に滞在中に個人的に話をいっぱいしていたわけではないんですが、レッスンを通して彼女の人柄には惹かれていました。当時、私は気分がかなり落ち込んでいて自分から話しかけることもなかったんです。
けれども、どうしても最後にハナとの写真がほしいと思い、写真をお願いしたら快く受けてくれておまけにAixに来る機会があれば連絡するようにとも言ってくれました。
彼女は小児科外科医で結婚されていて娘さんとだんなさんと3人で一軒家(プールつき!)に住んでいるとのこと。フランスにはだんなさんの仕事の関係で2年間滞在するとのことでした。
私は最後にハナに、もっともっとフランス語ができるようになって話がした!そしてAixにも尋ねてきたいということを伝えました。そうすると彼女も同じ気持ちだと言ってくれ、この出会いもとっても大切にしたいと思っていたんです。

パリに来てから色々アドレスも試してみたけれど繋がらない・・・・
どうしても何とかしたいという思いがあり、学校にメールを送ってみました。
彼女のアドレスと一緒に写した写真を添付しておいた効果があったと思うのですが、個人的な情報なので・・・との注意書きとあわせて彼女のアドレスを教えてもらうことができました!

おとといにハナに送ったところ、昨日に返事が返ってきました!!!
すごーくうれしいです。彼女を話をすることの目標も勉強の励みになるので!
彼女は現在、マルセイユの病院で働いているとのこと。毎日たくさんの患者さんからフランス語を浴びて、とてもとても疲れるとのことです。
すごい!!私もがんばらなきゃと刺激を受けました。
メール交換を続けて行きたいと思います。
この出会いが途切れなかったことに本当に感謝です。
a0072172_23441718.jpg

写真はこの日曜に公園で取ったものです。
フランスでは犬は放していることが多いですが、とってもおりこうさんです。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2006-10-18 23:41

部屋探しの結果・・・

10月17日(月)
部屋探しを先週から初めて、ようやく今日から電話をかけ始めるも借り手が決まっていたり電話がつながらなかったりと、やはりここはパリ!腰をすえてじっくりやっていくしかないな・・・と思っていました。
先週からステイ先での食事時も私が部屋を探しているという話題になってしまい、一緒になって考えてくれてこちらの住宅情報雑誌も教えてもらいました。

そして、今日・・・新たな展開が!!
うれしくてうれしくて、うっすら涙してしまいました。

それは・・・
マダムが私さえよければ、このままステイしてもいいと申し出てくれました。(理解しやすいように紙に書いて説明してくれました)
「一人になりたいなら、ストゥディオを借りて暮らすのもいいけれど、一人だと話さなくなるのでフランス語は上達しない。これまでの例を見てきても、友達は日本人になるのでほとんどフランス語を話さなくなるわよ」と指摘してくれていました。私自身、今日ちょうどマダムが指摘したことと同じことを考えていたので本当にびっくりしました。

今まで色々な国の学生を受け入れているとはいえ、私のような、ほとんど赤ちゃんに近いレベル(意思疎通が十分できない)なので本当に受け入れ側としては気力がいることだと思います。お金を払っていても、それ以上のことをしてくれていると思います。
まだこちらのお家にお邪魔して2週間しかたっていない状態です。それなのにこれから約8ヶ月も受け入れてくださるという決心をされたのだから本当に懐が深いと思いました。
こちらに伺って、こちらの家庭の雰囲気はとってもいいし、マダムは女性として見習わなくてはならないところがいっぱいあるなぁと感じています。

マダムは私のフランス語の先生でもあり、料理の先生でもあり、お掃除のプロであり、女性としての強さや人間としての厳しさも兼ね備えたすばらしい方です。
(来た当初はよく叱られていました。それは物の置き方のきまりだったり、私の考えだったり・・・これからも指摘してくれると思います。それができるって本当にやさしい人だと思っています)
パピィは口数は少なく、暖かく家族を見守っているとても大らかな方です。こちらの夫婦を見ているととても微笑ましいです。
生活している中で節制や物に対する価値観はとても見習うべきところが多く、刺激になります。
私もせっかくの機会なので、フランス人のそういう部分をいっぱいいっぱい見て触れておきたいと思います。
そしてもっと遠慮せずにわからないことや知りたいことは、歩み寄りたいと思います。
そうすることでもっともっとお互いが理解できると思うから・・・
a0072172_0513049.jpg

ここ最近つくづく、本当に恵まれた環境でいられていると実感しています。
この状況に感謝して、真摯に一日一日を大切に過ごしたいと思います。
a0072172_0515559.jpg
a0072172_0522129.jpg

[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2006-10-18 00:56

guignol(指人形芝居)

guignol(指人形芝居)

15日の日曜は決まって美術館に行きます。
今回は家から近くのマルモッタン美術館に行ってきました。
a0072172_119882.jpg

感想は・・・期待が大きかっただけにちょっぴり残念に感じました。
地下室に設けられているモネの絵が有名ですが、個人的には京都の大山崎美術館の方がモネの睡蓮を鑑賞するには雰囲気があって好きです。
いいなぁと感じる作品も何点かありましたが、こちらの美術館は撮影禁止。厳しいです。入場料はしっかり取っていますが、全体的に美術館の規模は小さく見ごたえがないのが残念です。
鑑賞後、すぐ近くの公園で本を読んでいました。
すると・・・・にぎやかな声と共に鐘を鳴らす音が・・・
a0072172_1174226.jpg

私の座っている後ろ側によく見ると小さな小屋があります。
どうやら子供向けの人形劇があるようです。
大人も楽しめるものだと記事で読んだことがあり気になっていました。
呼び寄せの鐘を鳴らしているおじさんに「私も見ることはできますか?」と尋ねると、笑顔で「もちろん!!」と答えてもらえ早速、子供たちとパパ、ママ、おばあちゃまに混じって鑑賞しました。
a0072172_1181496.jpg

a0072172_1215641.jpg

人形がかわいいです。とても長い時間、受け継がれて使われている様子が伺えます。また語り手がすばらしいです。
子供たちが受け答えするような展開になっていて、子供と一緒にハラハラドキドキする場面や動きも機敏で,とても面白かったです(私はわかる単語を拾ってストーリーを想像して聞いていました)。
人形の医者が登場するシーンがあり、一人の子供が「僕も病気です。おなかの調子が悪いです」といったようなことをしゃべり始めたりしたことがありましたが、人形の医者が「そうか。そうか・・・、じゃ後で行くから電話番号を教えてね」と言ったように切り替えしたり、微笑ましく感じることもしばしばありました。
観客はパパが子供を連れて見に来ていたり、家族で来ていたり、おばあちゃまが孫を連れてきていたり・・・と休日を子供と一緒に楽しんでいる様子が伺えました。
印象的だったのは、奥さんが子供さんを膝に乗せて、隣でだんなさんが奥様を抱き寄せて一緒に見ている光景。とても素敵だなぁと感じました。

ステイ先に帰ってマミィにguignol(指人形芝居)を見てきたと報告すると、やはりマミィも子供さんやお孫さんを連れてよく見に行ったとか。
またお話もいーっぱいあるそうです。昔から途絶えることなく、今も伝わっていて素敵だなぁと改めて感じました。

**guignol(指人形芝居)の場所**

16区 Jardins du Ranelagh
Ingres通り沿い。マルモッタン美術館近く。
2.5ユーロ。15時と16時の公演。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2006-10-17 01:22

パリでの素敵な出会い

ソルボンヌの語学学校に通っています。
今日で2日目です。8時スタートなのでこのように家を出た際は、まだ暗いです。
a0072172_1141030.jpg

PASSY駅も人はまばら。駅に置いてある無料の新聞を手にとったら、まだホカホカあったかかったです。
a0072172_114375.jpg

クラスの人数25名くらいでしょうか、かなり大人数です。
国籍も様々。そのうち日本人は私を含めて女性4名。
何となく皆さん、それ相当にできる感じがします。
さすがソルボンヌだな・・と感じるのは授業が丁寧であること。グラマーに関してはみっちり細かいところまで先生は説明してくれています(まだ自分が勉強した範囲内なので理解できるのですが)。講義式になるとは聞いていましたが、まったくそうでもないです。隣の人とテーマに沿って想像して会話させるなど、やはり教えている教員はすごいんだろうなぁって感じます。
今日、日本人の方と知り合いになれました。
私が今まで生活してきた中では接点を持つことがt難しいであろうと思うような方です。
芸術の都、パリ!と思わずにはいられません。
その方は音楽家。チェンバロの奏者でベルギーの大学で教鞭をとられていたようなんですが、辞めて日本の文化庁よりビザをもらいパリの音楽大学でオーケストラ(オペラ)の指揮者の勉強をしに来られたようです!お話を伺っただけでも、すばらしいなぁとただただ圧倒されてしまいました。
初対面に近いですが、私も今の思いなどを率直にお話してしまいました。
パリで借りているアパートにはチェンバロがあるそうで、遊びに伺ってもいいとのことなので近いうちに行きたいなぁ(といっても私はまだまだすることが山積みですが・・・)と思っています。許可がもらえたら写真も取ってアップしたいなぁと思っています。
お互い朝が早いけれど、励ましあって授業に出てついていこうと誓い合いました(笑)

パリは寒くなりました。写真はリュクサンブール公園です。ひんやりした空気の中にも美しさがあります。
a0072172_1151571.jpg
a0072172_1154946.jpg

[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2006-10-14 01:16
Le Crédit Lyonnais 銀行口座開設

今日(10/10 Mardi)は銀行開設のために予約した日です。
この銀行のピラミッド支店には日本人の方がいらっしゃるので複雑な手続きなので、こちらでお願いすることにしました。
やはり、おっちょこちょいの私・・
待ち合わせの時間になって必要な書類の一つであるパスポートを忘れてしまいました!
今週から学校が始まり、平日に時間を作るのは恐らく難しくなるので何としても今日に開設しておきたい・・・という
思いもあり、担当のEさんに私の与えられた時間は何分なのか尋ねました。そして現状を伝え、できうることであればパスポートを取りに帰りたいと。
そしてEさんの取り計らいで、ご自分の昼時間を逆にするので(私の予約時間は12時~)、1時に戻ってきて下さいと提案して下さい。パスポートを取りに帰ることができました。
更にステイ先のマダムの身分証明のコピーも必要であることがわかり、急いで帰りました。
ちょうどマダムもいらしたので、すごく慌てている私の様子を察知して、必要な身分証明の原本をそのまま貸してくださいました。
他人にとても重要な身分証明を貸すというのはとても勇気がいることなのに・・・本当に申し訳なくも思いつつ感謝しました。
そして事なきを得て、待ち合わせ時間に20分も遅れましたが、何とか開設することができました。
担当して下さったEさんも2時から会議があるとのことで超特急で手続きするので説明は次回にするので・・と、とても親切に対応して下さりました。
実は行きはバスに乗ったんですが、交通渋滞で遅れると判断して途中下車し地下鉄を必死で探してたどり着いたりと、旅行していた割には土地勘がなく
バタバタしてしまいました。でも困ることなく、スムーズに進んでいるので本当に感謝。
帰りにマダムに感謝の気持ちを伝えたくて、何かプレゼントしたいなぁって考えながら帰宅。
花を贈ろうと思い、ピンクの薔薇をお礼にプレゼントしました。
すごーく喜んでもらえて、私まで幸せな気持ちになれました。
でもいつもお礼のビズは慣れなくて照れくさい私です。

昼過ぎに落ち着いてから銀行近くにあるパレ・ロワイヤルを散歩しました。
a0072172_19515811.jpg
a0072172_19522017.jpg
a0072172_19523843.jpg

初めて訪れましたがとってもいい雰囲気です。
a0072172_19532093.jpg
a0072172_19533960.jpg

ちょうど映画?ドラマ?の撮影中でした。雰囲気が楽しめて楽しかったです。

***銀行開設に必要なもの***

1.身分証明書(パスポート、又は滞在許可証)

2.住居証明:本人名義の賃貸契約書、又はガス・電気もしくは電話の請求書。
ホームスティや又貸しの場合は大家さんの署名入り住居証明書(Attestation d'hébergement)
大家さんの身分証明書(Piéce d'identité)
ガス・電気あるいは電話の請求書(Facture EDF/GDF,FRANCE TELECOM)のコピー

3.フランスの学校で発行された学生証、又は入学許可証。又は給料明細。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2006-10-11 19:57

Paris到着

10月1日(日)パリに着きました。

着いてすぐに近所を散策しました。
歩いてすぐのところにエッフェル塔があります。
a0072172_19385335.jpg

この写真の景色を見て、あまりの美しさに身体が固まり思わず涙が出ちゃいました。
やっと来れた・・・
a0072172_1930457.jpg

a0072172_19374645.jpg
a0072172_19389100.jpg

とうとう来たんだぁってしみじみ感じました。

また新たなスタートです。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2006-10-11 19:31

Aix 最終日

9月30日(土)Aixの最終日。あまり遠出はせずに最後にこの町の景色を焼き付けておこうと思い、町を散策することに。
火・木・土曜日はマルシェがあるんですが、いつも学校に行くのに野菜売り場の横を通りすぎて行っているだけでどれだけの大きさが知りませんでした。
この土曜日にマルシェを歩いていて、規模にびっくり!Aixに来られる際は、ぜひマルシェのある日にちを選んでこられることをお勧めします!とっても楽しいです。写真を撮るのを忘れて、マルシェ散策に没頭してしまいました(笑)そこで同じ学校だったnaoさんにもばったり出会い、食事も楽しめました。実はAixを経つ前に一度に食事をしたかったので、前日に連絡が取れなかっただけに思いが通じてすごくうれしかったです。

最終日なので、マダムへのプレゼントを買うことに。
色々考えて、ショコラを買うことにしました。以前に学校の先生に教えてもらった老舗のお店で。
購入時に一つ試食させていただきましたが、あんまりおいしくてとろけそう、幸せな気持ちになりますね。

その晩にマダムにプチ・カドーがあると伝えて、メッセージカードとあわせて渡しました。
ここで思いがけないことが!!
何と、マダムも私のためにプレゼントを用意してくれていました。
Aixのことを忘れないように・・・とAixの素敵な写真入りの本をプレゼントしてくれました。
a0072172_1992954.jpg

それとイチジクのコンフィチュールと!このコンフィチュールは以前にブログで書いたイチジクのコンフィチュールです!
あまりのうれしさに泣いてしまいそうになりました。
a0072172_1995167.jpg

私にとって最初のホームスティであり、ほとんど言葉ができない状態にもかかわらずとても親切にしていただいたことがうれしいとマダムに伝えました(単語単語で)。
また、もっと上達したらお話もしたいと。マダムからメールアドレスを教えてもらいました。
パリで困ったことがあれば、自分の友達の子供がパリにいるので連絡とってみるとありがたい言葉もいただきました。
翌日はTGVの乗り口まで車で送っていただきました。
本当にいい方に出会えて幸せです。

ちなみにマダムは私を下ろした後に、東欧風の旅行者を無料で町まで乗せて帰られました。
とっても人柄のいい方です。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2006-10-11 19:10 | Aix-en-Provence