日々の出来事を綴っていきます。毎日些細なことでもすばらしいと感じとれる気持ちでいたいです。


by nadeshiko-mayumi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:バレエ( 4 )

Cendrillon「シンデレラ」

a0072172_23344532.jpg

シャルルペロー原作の物語「シンデレラ」のバレエ劇。衣装は森英恵が担当。
とニュースダイジェスト(パリで発行されている日本語フリーペーパー)に刺激されて既に完売されている当日チケットを求め 5月5日(土)に2時間並びました。2時間前でも既に15番目。チケット購入も困難かと感じられましたが、購入できてよかったです。

席はオーケストラ真横(ステージ横)の3階の2列目で7ユーロでした。
正直言って座った状態では何も見えません。立って一列目のすぐ後ろに立って覗き込むような状態で何とか舞台が見れます。
それでも「こんなに近くで見れるの?!」とかなり驚きでした。双眼鏡を用意していたけれど必要なかったです。
前の一列目は4人席になっていてお母さんと息子さん、小さな娘さんの家族3人と女性一人が覗きこんで舞台を見ていました。

さて「シンデレラ」ですが、とっても面白かったです。
衣装だけでなく小道具も凝っているなぁと思いました。
私の想像していた意地悪な継母と義理の姉たちとは、一味違いました。
とってもおどけていて面白かったです。私は義理の姉二人の踊りは主役のシンデレラ以上に全体のインパクトがあり 重要な存在だと思いました。それに継母は男性(ジョゼ・マルチネス)が演じていました。
この継母も最高でした!!彼は以前にドンキホーテで演技を見ていただけに初めは同じ人物とは思えなかったです。
衣装にも注目していたわけですが、個性がかなりアピールされているし幅広く見れて楽しかったです。
シンデレラが擬人化した時計の針に追いたてられるシーンがあるのですが、その時計の針の衣装は何と全身桜吹雪の刺青のようなタイツ!? 胸には金太郎の逆三角の前掛け、おまけにふんどしでした。頭に鉢巻も巻いていたような気がします・・・すごかった・・・
バレエの演目、衣装どれも楽しく愉快、あきることがなく大人から子供まで楽しめます。

私は今回のバレエでいたく感動する出来事がありました。
それは1幕目が終わった際に前に座っていた1列目のお母さんが私に2幕目から自分の席に座るように勧めてくれたのです!!!
娘さんが小さいので自分の膝に乗せればいいと・・・そうすれば私も一列目でバレエが見れると・・・
初め、まさか・・と思い、しっかり言葉も聞き取れていなくてきょとんとしていたんですが、フランス語が通じないと感じ取ったようでわざわざ英語に置き換えてもう一度説明して下さいました。
遠慮していたものの結果的にそのご行為に甘えて座らせてもらいました。
前のめりになっては私が邪魔で舞台が見づらくなっては困ると思い控えめに・・・お母さんとお兄さんが交代して膝に小さな女の子を乗せて鑑賞してくれていたので本当に申し訳ないやら感謝の気持ちでいっぱいで、ずーっと胸いっぱいで舞台を鑑賞していました。

最後はこの感謝の思いだけはきちんと伝えたいと思い、つたないお礼の言葉を。
みなさん、ニコニコして聞いてくれました。帰りはうれしさのあまりに半べそになって家路に・・・
私も人に親切にする!と誓いました。そしてあんな素敵な女性になりたいとも・・・
(いやらしいのですが、その後、家に帰って譲ってもらった席の値段を見てしまいました。何と41ユーロ!ぐらいだったと思います。)
人の暖かさに触れると自分も伝えたくなります。そして自分もそうしたいなぁと・・
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-06-08 23:40 | バレエ

12月26日 COPPELIA

choregraphie et mise en scéne:Patrice Bart
décors et costumes Ezio Toffolutti
lumiéres Yves Bernard
assistante du chorégraphe Claude de Vulpian

PRODUCTION Créée pour le ballet de l'opéra de Paris en mai 1996

Orchestre Colonne
direction musicale Koen Kessels

SWANIDA: Myriam Ould-Braham
FRANTZ: Karl Paquette
COPPELIUS: Jean-Guillaume Bart
et SPALANZANI: Aurélien-Houette
a0072172_5424742.jpg

http://www.moeginomura.co.jp/FB/coppelia.html
【第1幕】 (上記HPより抜粋)
 ポーランドのガルシア地方の出来事である。
 人形作り職人のコッペリウスは、村の人たちから変人扱いされている陰気な老人である。彼の家の二階にはかわいい目をしていつも本を読んでいる少女コッペリアが座っている。彼の家の向いに住むスワニルダは明るく無邪気な人気者の少女。村の青年フランツとは、恋仲である。しかし近ごろフランツはコッペリアが気に入った様子だ。フランツの心変わりが気になるスワニルダ。喧嘩しながらも愛しあっている若い恋人たちなのである。
 村人たちの民族舞踊が踊られる。そこへ村長が登場し、領主が村に新しい鐘をつけてくれたので、近く祝祭が催されると発表する。そしてその日に結婚するカップルには村長から持参金が贈られるという。スワニルダとフランツは麦の穂をもって恋占いをしてみるが恋人の変わらぬ心を証し立ててくれるという言い伝えの麦の穂からは何の音も聞こえてこないのである。二人はとうとう喧嘩して婚約を解消してしまう。
 夕方になり、コッペリウスは家の鍵を落としてしまう。それを見つけたスワニルダと友人たちは好奇心からコッペリアに会いに行くことを思いつく。
【第2幕】
 家に忍び込んだワニルダと友人たちは珍しそうに人形たちを眺め回す。気になるコッペリアがカーテンの奥にいるのを見つけ、挨拶をしたり服を引っ張ったりするが何の反応も示さない。スワニルダはコッペリアが実は人形であることを知り、愉快になってしまう。そこへコッペリウスが帰ってきて怒り狂って娘たちを追い払うが、逃げ遅れたスワニルダはカーテンの奥に身を隠す。そこへコッペリアにひと目会おうと、ハシゴを使って窓からフランツも忍び込んでくる。コッペリウスはカンカンに怒るとふとあることを思いつく。彼はかねてから愛しい人形コッペリアに命を吹き込んで生きた少女にしたいと思っていた。そこでフランツを酒で酔わせ、命を抜くことを計画する。彼を眠らせ、コッペリウスがカーテンの奥からコッペリアを取り出すが、実はこの人形はスワニルダがコッペリアの衣装を着て変装しているのである。彼女はコッペリウスをからかって命を吹き込まれた人形を演じる。やがて目が覚めたフランツは、自分が好きだったのが自動人形であったことに気が付いて、スワニルダと仲直り。コッペリウスは大切に作った人形をスワニルダに壊され悲観にくれる。
【第3幕】
  祭りの当日。フランツとスワニルダは仲直りをしてめでたく結婚の日を迎えた。そこへコッペリウスが登場し、損害の賠償を請求する。スワニルダは受け取った持参金を差し出すが、村長が変わりに金貨の袋を与え、コッペリウスもやっと満足する。さて、それから楽しい村の余興が始まる。人の一生を表す時の踊り、夜明け、祈り、仕事、結婚、戦い、平和の踊りが繰り広げられ賑やかな全員のギャロップで幕となる。
a0072172_544731.jpg

バスティーユの劇場は初めてでした。チケットは18ユーロでしたが、遮るものはなく充分に舞台を見ることができました。
a0072172_5444089.jpg

恐らくどこの席でも充分見える設計になっているのではないかと思います。
次回、試しにお安い席で見てみようかなぁと思っています。
さてコッペリアですが、一言でいうと、とってもかわいらしい演目だなぁと思いました。
おもちゃ箱を開けたような、少しおとぎの世界に入り込んだような雰囲気もありました。
そういった内容のためか、お子様づれが圧倒的に多かったように思います。
フランスの子供はこんなに幼い頃から本物に触れられてなんて恵まれた環境なんだろうとつくづく感じます。
a0072172_5452423.jpg

ネットで拾い上げた内容とは若干違いがあったように感じましたが、演出も凝っていてわくわくしながら見ることができました。
主人公のスワニダ役を務めたMyriamはとってもキュートな女性を演じていました。
ストーリーがわからなくても充分楽しめるとは聞いていましたが、確かに楽しかったです。
a0072172_5454920.jpg

[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-01-01 05:41 | バレエ
musique: Adolphe Adam
choregraphie: Jean Coralli et Jules Perrot (1841)
transmise par: Marius Petipa (1887)
adaptee par: Patrice Bart et Eugene Polyakov (1991)
decors: Alexandre Benois (1924) realises par Silvano Mattei
costumes: Alexandre Benois realises par Claudie Gastine

PRODUCTION DE 1998

GISELLE: Laetitia Pujol
ALBRECHT: Nicolas Le Riche
HILARION: Wilfried Romoli
MYRTHA: Marie-Agnes Gillot

WILFRIED: Stephane Elizabe
BERTHE: Danielle Doussard
LE PRINCE DE COURLANDE: Richard Wilk
BATHILDE: Natacha Quernet
PAS DE DEUX DES PAYSANS: Myriam Ould-Braham, Emmanuel Thibault
DEUX WILIS: Emilie Cozette, Laura Hecquet
a0072172_2314626.jpg

ジゼルは本当にすばらしかったです。とっても美しい世界。演じられている方の身体の動きが同じ人間とはとても思えない動きです。言葉はなくても感情って伝わるんですね。バレエの面白みはそこにもあると私は思っています。ですから見入ってしまいます。1階の中央付近だったので全体が見渡せて視界を防ぐものもなくとてもよかったです。

ジゼル役のレティシアの私の印象では「可憐」です。
そして可憐な中にも華があり、ジゼル役にぴったりだなぁと思いました。
技、容姿・・全てが備わっていないとオペラ座のエトワールにはなれないと聞きますが
本当に美女という言葉がぴったりで同じ女性としても惹き付けられて思わず見入ってしまいました。
私は数を見ていないのですが、表現力もすばらしいと思いました。
一幕目の村娘では恋する娘役を見事に愛らしく表現していたと思います。
ジゼルが発狂してしまうシーンも息をのみました。
顔の表情からもものすごく悲しみが溢れていてこちらまで辛くなってしまいました。

アルブレヒト役のニコラ・ル・リッシュは本当に見事でした。
ジゼルが事実を知った際の表現は視線や身体の動き一つ一つが気持ちを物語っていて居たたまれない気持ちになりました。
ジャンプのダイナミックさや身体能力のすばらしさにも目が離せませんでした。

二幕目の舞台はとてもきれいでした。月光がみごとに再現されていて光が差し込む演出がみごとでした。この世とは全く別の世界がそこにはありました。
装飾や衣装の色にも無駄がないといいますか、踊りが引き立っていたように感じました。
あれだけの人数のダンサーが乱れることなくいっせいに踊ると本当に迫力があります。
ウイリーの女王ミルタの美貌はすばらしかったです。もちろん踊りも。吸い込まれるような感すらありました。
二幕目のジゼルは生前のジゼルとは全く別物でした。完全に演じ分けているのが本当にすばらしかったです。まるで宙を舞っているかのような姿も印象的でした。
オペラ座のバレエ団はやはり世界をリードするバレエ団の一つでもあるので、正直どの方にも目が離せません
日本人の藤井美帆さんも出演されていて、拝見することができたのもうれしかったです。
見終わった後も余韻がずーっと残りました。本当に美しかったです。
a0072172_6164346.jpg

LAËTITIA PUJOL
http://www.operadeparis.fr/ToutSavoir/LeBallet/Bios/LaetitiaPujol.asp
レティシア・プジョル
Laetitia Pujol
パリ・オペラ座バレエ/エトワール
2002年5月2日、「ドン・キホーテ」公演終了後、エトワールに任命される。1994年にヴァルナ国際バレエコンクールのジュニア部門で銀賞を受賞するほか、数多くの賞を受賞。正確で高度なテクニックに加え、華のあるダイナミックな踊りで会場を沸せている。オペラ座公演以外でも活躍が多く、2001年12月にはボリショイ劇場でジャン=ギョーム・バールをパートナーに「ラ・バヤデール」を踊った。
a0072172_23847.jpg

a0072172_232373.jpg

[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2006-12-23 02:36 | バレエ

 明日はジゼル

12月20日(水)
a0072172_1351973.jpg

明日はバレエを見てきます。
演目は「ジゼル」です。
以前に熊川哲也さんのジゼルを見ましたが、それ以来、私はジゼルがとっても好きになりました。
とても美しい世界です。

パリ・オペラ座のジゼルが見れるなんてとても幸運だわ!と思い
できればいい席が見たい、できれば2回見たいと思いオペラ座の窓口発売日の初日に並びました。
人気のある演目だけにすごーい列でした。
授業に間に合わずに休んでチケットを購入しました。
明日は一回目のジゼル。すごく楽しみです。
2回目はマミィと一緒に28日に見に行ってきます。キャストが異なるので楽しみです。
オペラ座の中に入るだけでも毎回すばらしいなぁと圧倒されます。
a0072172_1361565.jpg

a0072172_136456.jpg


http://www.joy.hi-ho.ne.jp/mii21/framepage1.htm
あらすじ(上記HPより抜粋しました)

第1幕
 ときは中世。ライン河に近いぶどう栽培の小さな村。
 そこに住むアルブレヒトとジゼルは愛を誓い合っています。
 だが,実は、アルブレヒトは公爵。彼には親同士が決めたバチルド姫がいたのです。
 ジゼルに片思いをしてる森番ヒラリオンは、その秘密をかぎつけ、暴いてしまいます。
 ジゼルは悲しみのあまり、気がふれ、息絶えてしまいます。

第2幕
 真夜中の暗い森。
 月の光の下で踊るウィリー達。
 ウィリーの女王ミルタは、新しくウィリーとなったジゼルを墓から呼び出し仲間に紹介します。
 婚礼を前に死んでしまった乙女達は、死霊ウィリーとなって人間の男達を踊りに誘い,彼らの命を奪うのです。
 ジゼルの墓に悲嘆にくれるアルブレヒトがやってきます。
 女王ミルタはジゼルに彼を殺すよう命じます。ジゼルは拒絶しますが、聞き入れられません。
 ウィリー達は、森番ヒラリオンを踊りの輪に引き込み、湖に突き落としてしまいます。
 同じ運命が、アルブレヒトにも待ち受けているのです。
 死の舞いに巻き込まれようとするアルブレヒト,恋人を見逃してくれるようこいねがい、彼を守ろ うとするジゼル。
 必死に彼を守り続けているうちに、やがて朝の訪れの鐘が聞こえてきます。
 夜明けとともに,ウィリー達は消え去ってゆきます。
 アルブレヒトはジゼルの愛によって救われます。
 アルブレヒトを許すことによって,ジゼルもまた救われます。
 永遠の別れと,アルブレヒトへの熱い思いを込めながら・・,ジゼルは安らかなる墓へと消えてゆきます・・・。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2006-12-21 01:40 | バレエ