日々の出来事を綴っていきます。毎日些細なことでもすばらしいと感じとれる気持ちでいたいです。


by nadeshiko-mayumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:Arles( 1 )

Arels(アルル)へ

9月16日(日)Arels(アルル)に行ってきました。
バスに乗っていこうとしたんですが、待てどバスが来なくてターミナルの職員の方に尋ねても既に時間が過ぎているので行ってしまっているの一点張り。
どうしても行きたかったので電車で行くことにしました。
いつもどおりに往復チケットを買ったんですが、値段が5ユーロ!!あまりにも安すぎる。私の計算では35ユーロぐらいするはずなのに・・・
窓口で確認してみたけれど間違いないとの回答。チケットを見直して書かれている単語を調べると・・・
どうも文化遺産デーのような内容。近隣地域へは5ユーロで何度でも行き来きる模様。すごい!本当に大丈夫かな・・・と少し不安になりつつも出発。
いつもと異なりマルセイユの駅もすごい人人人!!いつもは電車に乗るときに検閲なんてないのにしっかりチケットを持っているか調べられました。
心なしか電車内のアナウンスもテンションがあがっているような感じで面白かったです。

そしてアルルに到着。
ローヌ川沿いに歩いて町に向かいます。すばらしい景色です。
a0072172_225542.jpg

何気なく歩いているとゴッホの「夜のカフェテラス」のカフェに。
a0072172_22563498.jpg

まず最初にサン・トロフィーム教会(Eglise St-Trophime)へ。
a0072172_2257565.jpg

内部はこのような感じです。
a0072172_22573674.jpg

やわらかい光がさして何ともいえない雰囲気でした。
a0072172_2258211.jpg

そして一番行きたかった教会隣にあるサン・トロフィーム教会回廊(Cloîre St-Trophime)へ。
外側から教会を眺めた景色。
a0072172_22582518.jpg

何と文化遺産デーのお陰で今日はどこも入場料が無料であることが判明。すばらしいです。
回廊はこのような感じです。
a0072172_22591215.jpg

a0072172_22594484.jpg

回廊の美しさはプロヴァンス随一と称されているとのことで、実際に伺ってもそのすばらしさが実感できました。
静寂に包まれた美しい空間です。聖人を刻んだ柱もすばらしかったです。
続いてエスパス・ヴァン・ゴッホ(Espace Van Gogh)です。
a0072172_2303088.jpg

こちらはゴッホが入院していた病院の跡地。現在はカルチャースペースとなっています。
続いて円形闘技場(Amphithéâtre)です。
a0072172_231208.jpg

a0072172_2314982.jpg

a0072172_2321676.jpg

上に登ることができます。アルルの町が眺望できます。
a0072172_2325346.jpg

a0072172_2331939.jpg

無料であることもあり、近くの古代劇場も行ってみました。
a0072172_233476.jpg

向かいにあるお店がとてもよかったです。他のお店とは比較にならないほど質やセンスがよく値段も妥当だと思いました。いろいろな品に目が釘付けになり思わず見入ってしまいました。ここはお勧めです。
a0072172_2343568.jpg

a0072172_235280.jpg

最後にレアチュー美術館(Musée Réattu)に立ち寄りました。
予想以上に作品が多くて見ごたえがありました。
ピカソの絵にも出会えましたよ。
a0072172_2353660.jpg

a0072172_2355895.jpg

思いがけず恩恵を受けて楽しい一日が過ごせました。
a0072172_2362542.jpg

[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2006-09-25 23:10 | Arles