日々の出来事を綴っていきます。毎日些細なことでもすばらしいと感じとれる気持ちでいたいです。


by nadeshiko-mayumi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:未分類( 81 )

夫婦で京都のカルバドールというバー(こちらも本当に空間のある素敵なバーです。)に行った時に、そのお店で知り合った女性が狂言をされていると聞き、近々発表会があるとの事で以前から楽しみにしていました。
女性で狂言をされているってすごいなぁ~と驚いていました。
その方は物腰も柔らかく自然体で本当に素敵なんです!!
そして招待状が届きました!模様も美しいし和紙の風合いも素敵です。
a0072172_13201750.jpg

狂言をなさっている姿も本当に素敵でした!!
すぐに引き込まれてしまいました。
狂言を見るのは久々です。言葉がわかりやすいし、リズムに乗って歌いながら躍ったり、笑いのネタ?が込められていたり見ていて思わず笑ってしまう事もしばしば・・・
a0072172_1320364.jpg

なんとこの狂言は無料で誰でも鑑賞する事ができるとの事。
海外の方もちらほらいらして、古典芸能に関心をもたれている様子でした。
このようなすばらしい伝統芸能に気軽に触れる機会というのもなかなかないと思います。一年に一度あるようなので、ぜひ知り合いに広めたいと思います。
a0072172_13205292.jpg

帰りに地下鉄構内で写真を撮ってもらいました。
京都、東西線の東山駅構内です。電車の乗り降り口の紫の扉が着物と合っているわ~なんて言いながらの一枚です。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2009-02-28 13:21

今年最後の雪・・・

今週の月曜日、2月16日はこれまでの春めいた陽気とはうってかわって夜は驚く景色でした。
この日は仕事が終わった後に彼と「たち吉」で開催されている林 源太さんの漆の個展へ。
(*3月1日までたち吉の3Fで開催しています。ご都合が宜しければぜひご覧になって下さい!)
彼の親友のお友達が林さんとお友達でこの個展を紹介して頂きました。
a0072172_18513332.jpg

実は会社から近いので、3日ほど前に私一人でも訪れています。今回の目的は私たち夫婦の大切な友人へのプレゼント購入でした。私は林さんと直接お話したり、作品をじっくり鑑賞させて頂き、一点一点心がこもっていて美しくて本当に素敵だなぁと感動しました。それで夫と共に伺ったのです。
残念ながら閉店間近で林さんが帰られた後だった為、林さんとお会いできなかったのですが、とても素敵なプレゼントが見つかりました。作品を手に取ったり眺めたりしながら、彼ともまた今度は家で使う器を買いたいね、と話してその場を去りました。

帰り際に思わず、イタリアンに寄ってしまいました。
私たちが大好きな五条河原町にある「vent ベント」です。
彼はワインの試飲会の後だったので、既にほろ酔い状態。ですが、おいしいお料理を前にワインを頂かないわけにはいきません!(笑)
二人して気持ちよーく、お食事を楽しみました。そういえば二人での外食は久々だったのですごく新鮮な時間に感じて私はおしゃべりが止まりません。
でも彼は眠そうで時折、目を閉じて・・・「寝てはダメ~~!!」と起こしながらの食事・・・。そういえばパリのビストロでこんな場面が以前にあったような・・・。
ホタルイカのパスタ。とっても美味しかったです。
a0072172_18521151.jpg

a0072172_18523791.jpg

メインは鴨肉のラズベリーソースがけ。下にレンズ豆がひき詰めてあり、野菜の彩りも素敵です。
こちらもラズベリーの甘酸っぱいソースが鴨肉と相性抜群でした。
最後はデザートにカタラーナとティラミスを。こちらのカタラーナはオレンジ風味。すごくおいしいです。
グラッパまで頂き、二人ともフワフワ状態でした。
外にでると景色にびっくり?!雪です!!!
a0072172_18525935.jpg

食事の後でテンションも上がり、雪に無性に反応して子供のようにはしゃいでしまいました。
それにしてもすごい吹雪いていました。
a0072172_18531997.jpg

今年最後の雪なんでしょうね・・・。何だかいい思い出になりました。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2009-02-21 19:01

カスレ風?スープ

久々に日記を更新します。記しておきたい出来事もありつつ、更新しなかったのはデジカメの充電器が消えてしまったから・・・です。ですが、12月の終わりに見つかりました!
何と6月のイタリア旅行に行った際の手荷物のポケットに入っていました。
ここ最近は、再びその時の瞬間を残しておきたくて、写真をちょこちょこ撮っています。
昨日の夕食は彼(ダンナさま)がとても喜んでくれたので、うれしいので載せておきます。
a0072172_21551920.jpg

実は、最初はカスレを作るつもりでいたのですが自己流に好きなようにしたら別物になってしまいました。でもスープがおいしい!たくさんの野菜と2種類の豆で何ともいえない甘みとトマトのようなほのかな酸味も感じられて寒いこの季節にはポカポカして心も温まります。
これまでソーセージはなかなか美味しそうなものを目にすることがなかったのですが、高島屋の地下でおいしそ~なソーセージを偶然目にして購入。黒胡椒などのスパイスも効いていておいしかったです。
a0072172_2204518.jpg

上はポールのパンです。彼が京都大丸で買っておいたもの。
パン生地もすご~~く詰まっていて歯ごたえがあっておいしい!イチジクもジューシーでおいしい気がしました。
彼の勤務前の一緒に過ごす夕食の時間が慌しいですが楽しいひとときです。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2009-02-05 22:09

友達からのプレゼント

今晩はお友達が晩御飯に招いてくれました。
たけのこご飯にごぼう、しいたけと鶏肉の煮物、そしてバターでソテーして一味で味付けした大根をトッピングした水菜のサラダ。
味もさることながら、どれも盛り付けが素敵でした。

自分にはないものを改めて感じさせてくれてとっても勉強になります。
彼女曰く「京都に来てから盛り付けにも気を配るようになった」とか。
京料理は盛り付けもすごく美しいと・・・
なるほどなぁと実感させられました。 普段の生活にも充分生かせて彩を与えられることなのにすっかり意識が遠のいていました。もっと食事をするときも繊細な心でいたいものです。

その後、サプライズが・・・
それが手作りの苺のレアチーズケーキ☆
a0072172_23345877.jpg

誕生日プレゼントに用意してくれていました。
季節のものを取り入れた方がいいとのことで
レアチーズケーキの中も手作り苺ジャムのソースがミックスされていて
本当においしかったです。
a0072172_2336469.jpg

紅茶もウバチャ?でミルクティーにすると印象がだいぶ変わりしっとりおいしかったです。
(本来はミルクティー用のお茶だと教えてもらいました)
友達の気持ちに本当に感謝しています。
友達っていいなぁと改めて感じた一日。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2008-05-14 23:40

空豆のパスタ

今日は彼がお料理して待っていてくれました。
彼は、食べることが大好きで料理も好んで作ってくれるのですが、最近は仕事のことが忙しく
料理をしている時間を割くことができなかったり気力が起こらないようでした。

でも食べたいものをおいしく食べたいという気持ちがムクムクしてきたんでしょうね。
特に旬で新鮮な野菜を目の前にすると。今日はらでぃっしゅぼーやの宅配で届いた空豆を使って空豆パスタを用意してくれていました!
a0072172_0394480.jpg

にんじんとの色あわせが何とも春らしくかわいらしい・・・
先日、魚介類のマリネを作る際にとっておいたアサリの蒸し汁を加えてあり、おいしかったです。
いつも感じますが、彼の作るパスタは抽象的な表現ですが、本当にやさしい味がします。
そして私はいつもにこにこして食べてしまいます。
a0072172_040333.jpg

この時にあけた白ワインがとってもおいしかったです。
イタリア、ピエモンテ州のGAVI。
覚えておこう。しっかりしていて奥行きがあるけれど酸味もありすっきり心地いい。更にふわっとほのかな甘みが残るような・・・。好みです。これからの季節、白もじっくり味わいたいです。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2008-05-08 00:47

春の陽気

最近、京都はすっかり春の陽気です。コートも必要なく、少し肌寒くても手袋はせず、気持ちいい空気に触れています。

この時期の私の悩みは・・・靴です。
ブーツも終わりの時期。いつも冬場はブーツ、夏場はサンダルといった生活です。パンプスが履けません。それは足が小さいこと。

でも今年の冬に出会った靴で大げさですが、ファッションの楽しみ方も変わりそうです。
今年の冬にHOGANのバレエシューズを購入しました。
a0072172_147925.jpg

写真のものです。メッシュの皮で色はシャンパンゴールドです。サイズは34!!フランス滞在中にいいものがあれば靴は買いたいなぁと思っていましたが、ヨーロッパで目にしたのでは一番小さいサイズで35。欲しくても購入できませんでした。
このHOGANのサイズは残り一点だったそうで本当にラッキーでした。
34のサイズがあるとは正直知らなかったのでこまめにチェックしようと思っています。

そろそろ、この靴の出番かな?心待ちにしています。

明日は母と神戸でお泊りです。
久々に母とのお泊り。女性ならではのおしゃべりに尽きそうですが楽しみです。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2008-03-20 01:56

ワイン王国の雑誌に・・

ご近所のイタリア料理店「ラ・ベッラ・ビータ」のオーナーシェフが載っていました。ピエモンテ州のワインのバローロ,バルバレスコに関する記事で全国のシェフやソムリエ,ソムリールがコメントを寄せていました。
a0072172_2214361.jpg


今日、偶然記事を見て、心が躍り「すぐに行かなきゃ!」と・・・
一人スタンディングバーに行きました。
家族連れのお客さんも来られていてましたがシェフは合間合間をみてお話してくれました。

前回お友達と二人で行ったこともあり顔を覚えて下さり、前回と同様楽しく過ごすことができました。
赤を2種類頂きました。
これが・・・すごく好みでした。
どちらも北の赤ですが趣が全く違います。
a0072172_22132774.jpg

初めの赤は香りが洋ナシでシェフ曰く目を閉じて飲むと白ワインに間違えてしまうくらい・・だとか。
a0072172_2214697.jpg

本当洋ナシの甘~い香りが漂ってきました。ロゼのような味わいで酸もしっかりできりっとしていました。春から夏にかけてこういうワインを楽しみたいなぁ~と思いました。
2つ目もすごく大好きでした。ベネト州とのことですが、程よい凝縮した甘みがあり重くなく一口目でとっても幸せな気持ちになりました。
本当にイタリアワイン奥が深い! !

また会社帰りにシェフに料理についても色々伺おう。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2008-02-26 22:17
2月23日(土)はワイン・グロッサリーのNZワイン勉強会に参加してきました。ワイン博士のPICARLEさんが参加されると聞いてご一緒させて頂きました。実は初参加でして知識もあまりないこともあり、一番前のPICARLEさんの横にちょこんと座らせてもらい、まさきこさんの講習を受けました。かなり緊張してしまいました。やはりまさきこさん、お美しい・・すらっとされていてパンツスーツがお似合いでした。
さてNZワイン勉強会ですが、まさきこさんがNZを訪問した際の足取りを辿りながら、途中途中で試飲があり、まるでその土地を訪れているかのような気分になり、旅行した気分で楽しかったです。
a0072172_18161328.jpg

ワインもそれぞれまったく異なるもので、楽しかったです。テイスティング会でこんなにすばらしいワインが頂けるとは感激でした。
最初に頂いた印象ではリースリング大好きな私は白はこれが一番大好きでした。
a0072172_1818447.jpg

でも・・時間の経過と共に違う白にひかれてしまい・・久々にリッチ感溢れるノイドルフ ムーテルシャルドネに浸ってしまいまいした。時間が経過すると甘く上品な香りが・・・味わいもまったりしていて重みがありすごくすごく美味しかったです。あ~、また頂きたいっ!
a0072172_18234347.jpg

赤は2つ目に頂いたオブシディアンに本当にびっくりでした。香りといい味わいといい、どう表現していいのかよくわかりませんが色々なものが感じられ五感が刺激されてくるような気分にもなりました。
a0072172_18275890.jpg

ワインが知識がない私でも純粋に「おいしいっ!!」と心から言ってしまいました。これは旦那さんにも味わってもらいたいので入荷したら買ってもらうように今からアピールしています。
勉強会とてもよかったです。3月からまた始まる初級者コースにぜひ行っておこうと思っています。
そうそうワイングロッサリーではリニューアルオープンのためにセールをされてるそうですよ!
この機会に気になるものをお値打ち価格でお買い求めできるのでいいですね。
さてワイン勉強会の後はワイン博士にお誘い頂き六角のワイングロッサリーで引き続き楽しんできました。
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2008-02-25 18:48

食べものといのち

最近読んでいる本がここ数年で私が気になっていることとリンクしていて驚いています。
その本は「おむすびの祈り」少し前の日経新聞の夕刊に記事が出ていて、図書館で本を借りました。食といのちについて耳を傾けたくなる本です。
a0072172_23154822.jpg

私はパリに滞在中に何故か何度も何度も風邪をひいて寝込んだり、体調不良になることがしばしばありました。そんな時に彼はきまって風邪薬はなるだけ飲まないで!と私に呼びかけてパリに来てくれるたびに梅を煮詰めたものを持ってきてくれました。自然のものを取り入れて自分の身体のチカラで回復できるように・・・と。
私はそういう考えが当時あまりなく、すぐに即効性のある薬に頼っていたので驚きもしましたが、同時に自分のことをとても思ってくれているのが伝わりうれしくなりました。

この本を読むとその当時のことが思い返されました。

「自然の素材の一つ一つには、皆、かけがえのないいのちが宿っています。食べるということは、そのいのちをいただくことだと、私は思っています。野菜一つにしても、季節によって、味わいや香り、含まれる水分の量など、状態はいつも違います。一つ一つの素材のいのちを生かすような料理をして、それをおいしくいただくことで、人も生かされます。」
感動して涙がハラハラと出るという訳ではないのですが、素直な気持ちで心に浸透してきて感動します。

この本を読むと、私もいつかは彼に「どうしても食べたくなるのは僕の奥さんの料理!」と言ってもらえるような造り手の個性がある、そして素材が生かされる料理が作れるようになりたいです。
それはまだまだ遠い道のりですが・・・
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2008-02-21 23:16

雪景色

起きて外を見るとびっくりでした。
雪景色を久々に見ました。
a0072172_1163439.jpg

なぜかじっとしていられずに家でゆっくりお茶をするのにお茶菓子を求めに近くの末富さんへ。うぐいすもち2個(昼過ぎだった為か生菓子はうぐいすもちしかありませんでした。残念!)と焼き菓子を購入しました。
a0072172_1173982.jpg

a0072172_11814.jpg
積もるほどではなかったんですが、とけた雪で地面が滑りやすくこわごわと歩いてお散歩。

連休は家で読書タイムと思い、図書館に入るとふわっと暖かく思わず長居をしてしまいました。
頻繁だと困ってしまいますが、こういう季節感を感じられるのはいいですね。

今日は彼には無理して歩いて帰らないように!と念押しして送り出しました(笑)
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2008-02-10 01:18