日々の出来事を綴っていきます。毎日些細なことでもすばらしいと感じとれる気持ちでいたいです。


by nadeshiko-mayumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

顔見世の余韻

12月7日(金)に旦那さんのお店の契約が無事に完了しました。
会社をお休みして公証人役場にて旦那さんとビルのオーナーさんと双方の不動産屋さんが同席し契約を交わしました。
いよいよスタートまで、あと少し!
私まで気持ちが高まってきています。

その後、その日は以前より予定していた歌舞伎の顔見世に行きました。
a0072172_1283149.jpg

a0072172_0225347.jpg

今日も余韻が残っています。すばらしかったです。
久しく顔見世には行っていなかったのでとても楽しみにしていました。
a0072172_1285068.jpg

旦那さんは歌舞伎のファンで毎年楽しみにしているとのことで去年は私は一緒に行けなかったので、今年は着物を着て一緒に鑑賞するのを楽しみにしていただけに実現できてうれしかったです。
本来は知り合いのご夫婦も一緒の予定でしたが、お仕事の都合でキャンセルとなり残念でした。

4時20分から10時05分までとかなり長い時間ですが、実際に鑑賞しているとそれほど長く感じませんでした。本当に楽しかったです。

それぞれ個性があり楽しめましたが、一番印象に残った演目は坂田藤十郎喜寿記念の京鹿子娘道成寺(きょうかのこむすめどうじょうじ)です。
イヤホンガイドを聞いていましたが、本当に驚異的な舞だと思いました。とても77歳には思えません。驚愕しました。
足の動きもすばらしかったです。舞によって伝わる情感、引き込まれました。この場に居合わせられたことが幸せに感じました。
また一つ楽しみを教えてくれた旦那さんに感謝。

また東京に歌舞伎を見に行きたいです。
そのときはぜひとも蕎麦とてんぷらも楽しみたいです。
a0072172_1295294.jpg


坂田藤十郎(http://www.shochiku.co.jp/play/tojyuro/report.html)

■あらすじ■
かつて、鐘の中に隠れた恋しい安珍を、蛇体となって鐘もろとも焼きつくした清姫の伝承に材をとった能の『道成寺』を下敷きにした、歌舞伎舞踊の中でも最も人気のある曲。紀州・道成寺の鐘が再興された供養の場へ、びらり帽子に振袖姿の白拍子花子があらわれる。女人禁制のため一旦は断られるも、法要の舞を舞うということで入庭を許される花子。能ガカリの乱拍子から始まった舞はやがて色っぽくくだけ、男に対する恨みをかたり・・・花笠の美しい振り、手拭いを効果的に使った「恋の手習い」、手踊り、鞨鼓・鈴太鼓の楽器を使った踊り、と見せ場が続き、最後に突然落ちてきた釣鐘に入った花子が、所化たちが驚愕する前で、蛇の姿に変身し鐘に巻きついてしまう。(松竹official web siteより抜粋)
[PR]
by nadeshiko-mayumi | 2007-12-09 01:32 | 歌舞伎